フォント

タグ:自画賛 ( 7 ) タグの人気記事

仙厓の達磨?

仙厓義梵筆 『達磨図』自画賛 紙本 18015 31×88
e0259194_771673.jpg
口をへの字に結び、僧衣に手を隠した、達磨(ダルマ)と思しき老人が、虚空を見上げながら、何か不満げな表情。

上部に書かれている賛文の、下手くそ(風)な文字は、
佛の佛け臭きハとへらより鼻可きつか

もっと現代語(風)に直すと、
佛のホトケ臭きは、とべらより鼻がきつか

ここで「とべら」は、節分に門の(とびら)などに吊す、鬼が忌み嫌うと言われる「鰯の頭」や「ひいらぎ」と同じ目的で使われていた、葉や枝に独特の異臭のある植物の名称です。
名前の由来は、吊してあった「(とびら)」が訛った言葉とも言われています。

禅僧の身でありながら、禅宗の開祖である達磨(?)に、画の中であっても「佛臭い」と、(博多弁で)言わせてしまう大胆さに、多くの人が驚かされた事でしょう。

見る人に「とんでもない不敬」だとか「佛罰が当たるのでは」と感じさせることで、逆に画の世界に引きずり込んてしまう。仙厓さんは、そんな奇抜な表現で、佛の教えの本質(最も大切な何か)を改めて考え直させる事を、目論んでいたのかも知れません。

江戸時代には、幕府の方針によって、寺の「檀家制度」が固められ、以後それに守られ堕落し腐りきった寺院や僧侶等による横暴や乱行が横行しましたので、宗派の違いも含めて実際に「佛臭さ」が「鼻に付く」事態は、実感していた事でしょう。

釈迦が悟りを得て、教えを説いた時代には、その「教え」は単なる信仰の対象と言うよりも、己の心のあり方を知り改める事で自身が救われる為の「哲学」の性格が強かった様ですが、時が経ち、後の人々が拡大解釈を繰り返す内に、佛への信仰心が、救いや加護を得る代償の行為と思わせる風潮が強くなり過ぎて行ったからかも知れません。


ところで、この『達磨』さんの顔は、殆ど威厳が感じられず、単に頑固そうで、お茶目な「おじいちゃん」風です。

仏画にちょっと詳しい人が見れば、当然『達磨』が禅の教えを語る画、と思いがちですが、そもそも、画の中の何処にも、この老人が『達磨』であるとは書かれていません。

その辺に、この画を読む一つの鍵が隠れていのるかも知れません。
(もしかして、単なる人物画?)

おそらくは、この「おじいちゃん」が仙厓さんご本人で・・という解釈も


「達磨風自画像」!?


相手の事を考える故に、敢えて誤解を受けたり非難される事を厭わず、
誰にでも平然と苦言暴言を並べてしまう、勇敢で心温かいひねくれ老人。
そんな仙厓さん像を思い浮かべる事で、画に共感出来る気がします。




癒やしが感じられ、好きです。
(可愛くて魅力的)











[PR]
by Ru_p | 2018-05-27 14:39 | アート・コレクション | Comments(0)

「かわいい江戸絵画」前期

を府中市美術館で見て来ました。

真に「かわいい」を感じたのは、芦雪・仙厓等の数点だけで
したが、企画としては今回もかなり面白いと思いました。


ただ、展示内容で、一つ気になった事がありました。
「作品番号84」 蕪村が自画賛で俳句を書いた画です。
e0259194_18155031.jpg


「短夜 浪うち際 捨かがり」と言う有名な句としてキャプチャー
にも画集にも書かれ、音声ガイドでもそう読み上げられていました。

ところが、現物を良く見ると、
「みしか夜 浪打きは すて篝」 (短夜の 浪打際や 捨篝)
画賛の「」と「」が入れ替わってます。

e0259194_832415.jpg

この程度の調整や書き違い?は、他の多くの歌人・絵師でも
頻繁に目にすることだと思います(場合によっては、作者が意
図的に『別バージョン』として書いた物なのかも知れません)。

ただ、解説がその事実を曲げる様な扱いをしている事が少々気
になりました。(変体仮名が一般的ではないにしても、担当者は
当然気づいていたでしょうし、新発見かも知れないのに・・・残念)













[PR]
by Ru_p | 2013-04-04 20:01 | その他 | Comments(0)

蓮月の和歌(その6/画)

自画賛
12008-04
e0259194_17442887.jpg

うの花の さける垣ねの 朝しめり 山ほとときす 一聲もかな

      蓮月


「卯の花の 咲ける垣根の 朝湿り 山時鳥 一聲もかな」だと思いますが、これにも類似の句がネットで見つかりましたし、似た画も有りました。
「卯の花の さける垣根の しめり 山ほとゝぎす 一こゑもがな」で、一文字だけ違っています。「夕」よりは「朝」の方が露で湿り易い気がしますので、そちらは早い時期の作なのかも知れません。
[PR]
by Ru_p | 2012-12-09 17:44 | アート・コレクション | Comments(0)

蓮月の和歌(その5/画)

自画賛
12008-02
e0259194_165887.jpg

雪中若菜

ひまもなく ふりくをみれは 雪ひとり つみてしめのの わかななりけり


蓮月


これは「隙も無く 降り来を見れば 雪独り 摘みて標野の 若菜なりけり」ではないでしょうか(「標野」は万葉集を意識している気がします)。

これも、類似の「ひまもなく ふりくみれば 雪ひとり つみてしめのの わかななりけり」という句をネット検索で見付けました。
一文字だけの違いですが、この様に常に自身の作品の完成には気を砕いていたのでしょう。
微妙で曖昧だからこそ奥の深い日本語の世界ですね。
[PR]
by Ru_p | 2012-12-09 17:32 | アート・コレクション | Comments(0)

蓮月の和歌(その4/画)

自画賛
12008-03
e0259194_13123460.jpg

このきては うれしきふしを かさねつつ 末のよちよ〇 ためしなりけり

       蓮月


「このきては 嬉しき節を 重ねつつ 末の世千代(の) 例なりけり」
なのでしょうか。

これも、字と画の美しさがとても素晴らしいです。

「きて」の意味ですが、貴手?なのか、来て?なのか、着て?なのか疑問なのです。
笹の画から連想すると「節を重ねた、末に沢山の葉を付けた手の様な形の木」とも解釈出来なくはないのですが・・・・(おそらく、何等かの節句に)。
。また、蓮月さんには珍しく千代の後に一字(おそらく『の』の字)を落としている様に見えます(切手やコインの様に反って希少なエラーなのかも知れませんが)。



※参考にネット検索で
「"短冊 『竹』" このきみは めでたき節をかさねつつ 末の世 ながき ためしなり けり」
という類似の句を蓮月さんが残している事を知りました。
同じような気持ちで詠んだものと思われます。
[PR]
by Ru_p | 2012-12-09 14:00 | アート・コレクション | Comments(0)

蓮月の和歌(その3/画)

12008-01
e0259194_72367.jpg

世のちりを よそにはらひて ゆく末の ちよをしめたる やとの枩風
               蓮月


「世の塵を 余所に掃いて 行末の 千代をしめたる 宿の松風」でしょうか、
当時(幕末頃)のハンドモップの画と和歌の自画賛ですが、淡い藍色で楽しそうに遊んだ紙の使い方がしゃれています。

この「世の塵」が具体的に何を指すのかは不明ですが、煩わしい事でもあったのでしょうか、風を感じただけでも気持ちを切り替えられる、手本にでもしたい境地。
[PR]
by Ru_p | 2012-12-09 08:09 | アート・コレクション | Comments(0)

『旅』のひと (芭蕉)

    07044 44.5*32.5
e0259194_7544632.jpg

 たひ人と わか名よはれむ はつしくれ はせを                   (旅人と我が名呼ばれん初時雨 芭蕉)

貞享四年(1687年)松尾芭蕉四十四歳の時の旅で、江戸深川を立つ前に弟子との送別句会で詠まれた句だそうで、旧暦1687年10月11日(新暦11月15日)だったそうで、その2週間後の11月25日に江戸深川を出発したのだそうです。
この旅は後に『笈の小文』と呼ばれる三度目の紀行の事で、生まれ故郷の伊賀へ、父親の33回忌の法要のために向かったのだそうです。

この画からは「旅人」となる自身を思い浮かべて感慨に耽って居る顔の様に見えます。
e0259194_8104942.jpg


画賛には「はせを(芭蕉)」の署名がありますが、画の方には、他の人の落款がないので、少々上手過ぎる気もしますが自画賛なのでしょうか。芭蕉の顔の画はあまり多くは残っていませんが、その中でも特に美男でない様ですが、それ故か本当はこんな顔だったのかも?と妙にもっともらしさを感じます。(時代は有りそですが、もう誰も証明は出来ないでしょう)表情に親近感を覚える好きな画です。










[PR]
by Ru_p | 2012-11-24 08:21 | アート・コレクション | Comments(0)


妄想猫の起末具連記


by Ru_p

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

微笑みの石仏たち(甲斐の棒道)
at 2018-08-10 19:16
夏の風物詩 (鳥文齋栄之)
at 2018-08-01 07:26
ウチョウラン属 咲きそい
at 2018-06-22 19:51
仙厓の達磨?
at 2018-05-27 14:39
ウチョウラン始まり
at 2018-05-21 15:09
白隠の禅画(の4)
at 2018-05-07 19:55
月の天女
at 2018-03-22 12:15
白隠の禅画(の3)
at 2018-03-10 17:20
富士山を見なかった?(芦雪)
at 2017-10-28 13:27
『猫』 を躾ける人? (文晁)
at 2017-10-28 10:42
恋する・・・? (芦雪)
at 2017-10-14 00:08
憧れだった蕪村?(芦雪)
at 2017-10-01 06:41
江戸でもダンス(の2)
at 2017-09-26 00:06
大文字焼き?(芦雪)
at 2017-07-21 20:05
古今集の古筆(その2:素性法師)
at 2017-06-23 20:14
伝説の仙人 (芦雪の1)
at 2017-06-02 18:03
巣作り?
at 2017-05-31 07:25
旅の 常備品
at 2017-05-06 15:46
京都で タンポポ
at 2017-05-04 10:18
月にひとり (芦雪)
at 2017-04-16 19:38

記事ランキング

タグ

(34)
(22)
(21)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(10)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

以前の記事

2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

ブログジャンル

カテゴリ

東洋蘭
にゃんこ
アート・コレクション
その他