フォント

タグ:井上有一 ( 2 ) タグの人気記事

表装は楽し・・・(2)

先日、某工房にて、大好きな井上有一作品の表装作業を、手伝わさせてもらいました。
e0259194_18364566.jpg
井上有一さんは、多くの作品で、墨跡を意図的に強調する為に「ボンド墨(※1)」と呼ばれる特殊な墨を工夫して使っていたそうです。また、紙も、滲みを面白く活かす為でしょうか、意図的に紙の裏(荒い方の面:紙を漉いた後で乾燥板に張る方でない面)に書いていた様です。

まず、古くてシミや汚れのある作品の、既存の裏打ち(肌裏まで)を剥がし、状況を確認します。
作品によっては、裏打ちに安易な熱圧着タイプの糊や化学糊(伝統的な正麩糊などに対する近代の合成接着剤の呼び方)が使われてしまっていてキレイに剥がせない場合もありますが、これは、幸いにして正麩の薄糊だったらしく、乾燥状態でも容易に剥がせました。(もしも剥がせない接着方法の場合、残念ながら修復が難しいので、遠からずゴミとなる運命に・・・)

作品の端部から裏面にまで、溢れた「墨」が回り込み、分厚く固化した状態の部位では、裏側の分のみを削って(作品として見えなくなる部分ですので、やむを得ず)除去します。
e0259194_09565246.jpg
本紙のみの状態に戻したら、敷紙(今回はレーヨン紙)の上に伏せて、本紙裏面から加湿して全体を潤ませ、皺などを整形する作業ですが、文字の部分に墨が厚く固まってしまっているので、なかなか均等には潤みが進みませんでした。ただ、そこで余分な成分が溶け出して滲む事がなかったのは幸いでした。(破れや、特に「墨」の部分での筆圧によると思われる穴・捲れ・撚れ等があったりしますが、ここでは丁寧に解き、局部的に整形修正して、なるべく均一な平面に直します:吸い込みの良い紙では、墨の水分による吸湿と乾燥とで、数パーセントの伸縮がありますので、文字などの墨の多い部分では引き攣った様に歪み、無理矢理平面に張り付けると皺や破れとなります

新たな肌裏には、機械漉きで薄い紙(国内産楮)。増裏には、少し厚い炭酸カルシウム入り楮紙(本紙の酸性化による脆化を予防して、耐久性を増す事が目的ですが、直接本紙に触れることは避け)を使い、裏打ち後は表側の敷紙を直ちに除去してから置き敷き乾燥させ、数日後、周囲に糊を塗って仮張りの板に張り伸ばして、乾燥を待ちます。

普通は、この段階で経年によるシミや汚れの多くが抜け去り、キレイで平らな状態に戻りますので、それが表装作業でのひとつの醍醐味かもしれません。


今回は、金沢21世紀美術館にて2016年1月から展示される(全206点の有一作品群の一部として出品される)ことになるそうなので、掛け軸ではなく、パネル張りとします。
本紙サイズに合わせて特注制作したパネル材の表面には、砥の粉等の付着物が着いた状態なので、十分に水拭きで落とし、アクの染み出しを防ぐ為に、裏表ともに薄めた柿渋(伝統的な防水材/裏側にも塗るのは乾燥による反りを防ぐ為や木材から発生するガスの影響を抑える目的も)を塗り数日間乾燥させます。
e0259194_12301974.jpg

パネル材の表側全面に、炭酸カルシウム含有(※2)の楮紙小片をベタ張りした後、薄肉厚楮紙小片を袋張りし、加湿した本紙(裏打ち済み)の周囲に糊を塗って張り込み、電気ゴテで周囲を固め、乾燥を待ち、棹縁を廻して固定すれば完成となります。

美術館での展示は、かなり暗い条件となるらしいので、もしも、パネル張りでのこれらの中間作業が、殆ど省略されていたとしても、来館者には、何も気付かれないのかもしれませんが、見えない部分の品質には、携わった者にだけに判る自信や自負があり、まるでドラマに出てきそうな、ちょっと希少なこだわりの世界がまだ残っていて ・・・たのし






※1 「ボンド」は、接着剤の商標で、「つなぐ」・「結ぶ」の意味を持つ単語ですが、一般的には水溶性で酢酸ビニルなどを主成分とする「白ボンド」を指す事が多いと思われます。ただ、それを墨に混ぜた場合、大切な筆の洗いでの保守作業(有一さんの場合は奥様が担当されていました)が難しくなることや、酸性化による筆や紙の劣化を進めてしまうので、実際に有一さんがそれを長く使い続けていたとは考え難い事です。今回採取した墨の欠片は大切に保管してありますので、いずれ組成の分析も可能でしょう。

※2 炭酸カルシウムを含ませた紙は、主には紙を白く見せる事と、透けを防ぐ為に不透明感を増す事が目的で使われています。但し今回の様に、下張りとして使う理由は、遠い将来の事をも見据えて本紙の酸性化による脆化の劣化を予防する目的です。優れた文化財の寿命は、人間のそれよりも遙かに長くあるべきなので、その様な配慮が必要となるのです。




[PR]
by Ru_p | 2015-11-19 19:13 | アート・コレクション | Comments(0)

良寛の五言律詩

11010

e0259194_16383592.jpg

  


生涯懶立身 騰々任天眞 嚢中三升米 爐邊一束薪
誰問迷悟道 何知名利塵 夜雨草庵裡 雙脚等間伸
                         良寛書



生涯身を立つるに懶(ものう)く 騰々(とうとう)天真に任す 嚢中(のうちゅう)三升の米 炉辺(ろへん)一束の薪(たきぎ)
誰か問わん迷悟(めいご)の道 何ぞ知らん名利の塵 夜雨草庵の裡(うち) 雙脚(そうきゃく)等間(とうかん)に伸ばす

立身出世に興味無く この本性に生きた ズタ袋には米三升 薪は炉辺の一束か
迷悟の跡を誰に問われるでもなく 金や名誉には関心すらなく 雨の夜に草庵で 両足を延し安臥する幸せ


(五節目を「誰問迷悟」の文字とした句が、一般には知られている様です)


相変わらず改行の位置などに無頓着で読み難いのですが、字の雰囲気は見事!
e0259194_620319.jpg

文字を『読んで』理解してもらうことが目的ではなく、自由に書くことを愉しんだ。ということだったのでしょうか?







前衛芸術という意識で見れば、同様に生涯「清貧」を貫いた井上有一の書にも通じる精神性を感じます。
戦後いち早く入手し愛読していたとされる良寛さんの詩集を題材にして『井上有一』は何点も作品を残しています。その中で、上の詩の作品(1960年制作で、木炭描き;元となったと思われる良寛さんの詩で、多少文字が入れ替わっている様ですが、全体としての意味は大きく変わらない様です)では、その精神性を受け継いで・・・おそらく良寛さんには共感を覚え、影響を受けていたからでしょう。

e0259194_10141450.jpg          【参考】(カタログレゾネ『全書業』第一巻189頁のCRNo.60059より)


























[PR]
by Ru_p | 2012-07-04 07:11 | アート・コレクション | Comments(0)


妄想猫の起末具連記


by Ru_p

更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

桃腮素が咲き、
at 2018-12-03 18:41
カミナリ怖い! (春信)
at 2018-11-18 15:06
ツルだらけ (芦雪)
at 2018-10-08 11:22
微笑みの石仏たち(甲斐の棒道)
at 2018-08-10 19:16
夏の風物詩 (鳥文齋栄之)
at 2018-08-01 07:26
ウチョウラン属 咲きそい
at 2018-06-22 19:51
仙厓の達磨?
at 2018-05-27 14:39
ウチョウラン始まり
at 2018-05-21 15:09
白隠の禅画(の4)
at 2018-05-07 19:55
月の天女
at 2018-03-22 12:15
白隠の禅画(の3)
at 2018-03-10 17:20
富士山を見なかった?(芦雪)
at 2017-10-28 13:27
『猫』 を躾ける人? (文晁)
at 2017-10-28 10:42
恋する・・・? (芦雪)
at 2017-10-14 00:08
憧れだった蕪村?(芦雪)
at 2017-10-01 06:41
江戸でもダンス(の2)
at 2017-09-26 00:06
大文字焼き?(芦雪)
at 2017-07-21 20:05
古今集の古筆(その2:素性法師)
at 2017-06-23 20:14
伝説の仙人 (芦雪の1)
at 2017-06-02 18:03
巣作り?
at 2017-05-31 07:25

記事ランキング

タグ

(35)
(22)
(22)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(10)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

ブログジャンル

カテゴリ

東洋蘭
にゃんこ
アート・コレクション
その他