フォント

地獄の閻魔??

閻魔立像図 無款 36×85    06017
e0259194_10465925.jpg

今回の画像も、長い間香の煙に燻され続けていた様で、暗く不鮮明です。































そこで、下の様にSCANしてパソコンで画質調整してみました。
e0259194_12470537.jpg



とても古い物の様で、欠損や修復の跡が多数ある仏画です。

人の顔が付いた杖(人頭幢)を持ち、温和な表情で菩薩風の服を着た「閻魔」の像です。

十二天図や曼荼羅の図像として、奈良時代にはこの様な姿が伝えられていた様です。
一般的に知られる憤怒の形相をした地獄の閻魔大王(鎌倉時代以降に普及する様になった十王信仰の)とは全く雰囲気が違いますが、ルーツは一緒なのだそうです。


【参考で、以下に、ウィキペディアからの抜粋を下に張ってみます】
閻魔(えんま)は仏教、ヒンドゥー教などでの地獄の主。冥界の王・総司として死者の生前の罪を裁く神である。
中略
後に閻魔の本地とされる地蔵菩薩は奈良時代には『地蔵十輪経』によって伝来していたが、現世利益優先の当時の世相のもとでは普及しなかった。平安時代になって末法思想が蔓延するにしたがい源信らによって平安初期には貴族、平安後期には一般民衆と広く布教されるようになり、鎌倉初期には預修十王生七経から更なる偽経の『地蔵菩薩発心因縁十王経』(略して『地蔵十王経』)が生み出された。
中略
中国風の官服を身につけ忿怒の形相の閻魔大王が、鎌倉時代以降に彫像・図像ともに数多く作られたのに比べ、焔摩天の作例はそう多くはなく、そのほとんどは、十二天図や曼荼羅の図像としてである。
後略



十二天図は灌頂(密教で緒仏や曼荼羅と縁を結び、戒律や資格を授けて正統な継承者を決める儀式)の為に十二尊が一組で扱われるのですが、これと組となりそうな天部の似た画像は残念ながら今のところ見つかりません。

他の多くの十二天の閻魔天像には、正面を向いているものが少ない事や、この画が地蔵菩薩を思わせる穏やかな表情と言う事もあり、場合によっては独尊図として描かれた可能性も考えられます。

e0259194_18114298.jpg
錫杖・後背・台座の一部には、截金(きりかね:切金)が使われていることもあり、貴族の為に描かれた画と考えられそうです。

額に如来の百毫の様な毛の束が見られる事など、地蔵菩薩にも通じる解釈で描かれた可能性もうかがえます。
(台座上部に、二回巻の雷文繋ぎ文[ラーメンの丼によく見られる柄]に似た模様が、敷物の一部を切り抜いたかの様な面に描かれていますが、この使われ方も珍しい)
e0259194_09045841.jpg




【閻魔と地蔵が同体ならば】
「地獄に仏」と言う言葉は有りますが、生前の行いを裁く為に、杖の先の人頭には嘘を見抜く力があると言われているそうで、顔に似合わず怖ろしい存在。

嘘はいけませんが、既に身に覚えのある人ならば・・・



















[PR]
by Ru_p | 2013-01-17 20:17 | アート・コレクション | Comments(0)


妄想猫の起末具連記


by Ru_p

最新の記事

『猫』 を躾ける人? (文晁)
at 2017-10-28 10:42
恋する・・・? (芦雪)
at 2017-10-14 00:08
憧れだった蕪村?(芦雪)
at 2017-10-01 06:41
江戸でもダンス(の2)
at 2017-09-26 00:06
大文字焼き?(蘆雪)
at 2017-07-21 20:05
古今集の古筆(その2:素性法師)
at 2017-06-23 20:14
伝説の仙人 (芦雪の1)
at 2017-06-02 18:03
巣作り?
at 2017-05-31 07:25
旅の 常備品
at 2017-05-06 15:46
京都で タンポポ
at 2017-05-04 10:18
月にひとり (芦雪)
at 2017-04-16 19:38
さくらも散り
at 2017-04-14 19:51
タンポポ 健在
at 2017-03-30 14:18
鬼の姿 (芦雪)
at 2016-06-16 21:02
ねこがきます??
at 2016-06-08 12:00
良寛の書 「・・兔角・・」
at 2016-05-22 19:26
良寛の書 「・・夜雨・・」
at 2016-05-22 18:30
良寛の書 「・・兄弟・・」
at 2016-05-22 15:00
カントウタンポポ みつけ・・
at 2016-04-20 20:57
ひニャ祭り
at 2016-03-03 21:46

記事ランキング

タグ

(33)
(21)
(19)
(14)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

ブログジャンル

カテゴリ

東洋蘭
にゃんこ
アート・コレクション
その他

検索

メモ帳

ライフログ

画像転用禁止