フォント

タグ:観音菩薩 ( 6 ) タグの人気記事

魚籃観音 (の3)

大きな鯉に乗って、サーファーのように水の上を進む姿は、スピード感があり、とても面白い構図です。

e0259194_11153772.jpg

魚濫観世音図 傳 北斎筆   50.8x137.2  07007

本来の「魚籃観音(ぎょらんかんのん)」の「籃(らん)」の字をサンズイの「濫」に置き換えた「題名」ですが、この表示が、北斎漫画の有名な版画と同じなのです。
文字が紛らわしいためか、こんな間違い(又は意図的?)が比較的古く(江戸後期)から有ったという事なのでしょう。

ところで、この観音(観世音・観自在)菩薩は髭の有る男性の顔に描かれています。
「観音菩薩」は本来は男性の設定でしたので、髭は正しい表現なのですが、中国の唐時代以降は女性とする表現が増えたそうです。魚籃観音の由来の話では女性(美女)に化身したはずだったので、ここでも絵師の解釈に間違い(これも意図的?)が有った様です。

仏画なのでか、落款はありませんが「傳 北斎筆」と添え書き(鑑定書)にはありましたので、場合によっては北斎晩年の肉筆画だったのかも知れません。(今さら誰も真筆の立証は出来ないのでしょうが、北斎は敬虔な仏教徒でしたので、当然無落款の仏画を数多く残していました)

下に参考として、北斎漫画での「魚濫観世音」の画像を載せますが、奇抜な構図は確かに似ていると言えそうです。

【参考】 「魚濫観世音図」(『北斎漫画』 十三編の木版画より)
e0259194_0262778.jpg




『ジャポニズム』 の影響で、北斎漫画のこの図柄の鯉の部分を、アールヌーボーの代表的作家のエミール・ガレが模倣し、自身の作品(花器「鯉」1878年)のモチーフとして使っていたことは、とても有名な話です。

【参考】 ( ↓ サントリー美術館のガレ展の画像より転用/比較のため鏡像に左右反転 )e0259194_9254554.jpg












 この画の面白さには、縮れた毛・垂髪・衣・枝などが画面右方向に大きく流れる様に描くことから、体が逆に画面左方向へすばやくターンした瞬間を捉えたと示そうとしている事。それと、顔は正面の高さから見た様なのに、足元や鯉は斜め上方向から見下ろした様に描くなど、視覚的なトリック(見る者の視線が同時には顔と足元を注視ることが出来ないため)を応用して観音菩薩や鯉の存在感を強調しようとしている事など、絵師が視覚効果を意図的に操ろうとした企みが感られる事にあります。また、鯉の上部が水から出ている事を示す描写方法として、水中の体の一部を敢えて描かない(水面と尾の付近)ことで水の存在を表すことなど、多くの工夫を駆使した跡が感じられます。画のテーマにしても、「魚籃観音」とはしましたが、観音菩薩が手にしている枝が柳(楊:少し長過ぎ?※)だとすれば、「楊柳観音」として描いた可能性も十分に考えられ、髭の存在も納得できます。このように深い謎を秘めたことでも、魅力的な(見る人の心理でも見え方の変わる)画なのだと思われます。

(※葉が長すぎるので、もしも、菖蒲の葉だとすれば、鬼除け・魔除けの意味があると言われる「魚籃観音」なのでしょう。更に、鯉と菖蒲とで端午の節句との関連も生じそう;北斎なら、鍾馗の画も多く残しましたので・・・ )





e0259194_13133430.jpg

上の魚濫観音の画に付いていた軸先ですが『卍』が彫られています。
「卍」は、絵師の落款としてはとても洒落た記号だと思いますが、右卍か左卍に関わらず、ほとんどのヨーロッパ諸国では法律によって使用が禁止されているそうです。特にドイツでは「ナチス」との因縁が深く、公の場で使用すると逮捕されるのだそうです。

・・・・・なんとも不運な北斎の画


    



















              
[PR]
by Ru_p | 2013-02-14 21:24 | アート・コレクション | Comments(0)

魚籃観音 (の2)

07014
e0259194_12254832.jpg

魚籃観音は、本来はこの画の様に、魚の籃(かご)を持つ美女に変化したとされる観世音菩薩の姿を表した仏画なのです。

この画には、多くの仏画と同様に落款はありませんが、見事な筆遣いの描線や使われている高価な岩絵の具などから、江戸初~中期の名のある絵師の仕事と思われます。
e0259194_1223918.jpg

下膨れの顔や、切れ長で吊り上った一重の目など独特の雰囲気は、時代的には「白隠」の観音図にも影響を与えたのではないか?とすら想像されます。

魚籃観音の説明はここでも











[PR]
by Ru_p | 2013-02-12 13:41 | アート・コレクション | Comments(0)

魚籃観音?

見立て魚籃観音図(肉筆浮世絵:無款)   07030
e0259194_12552763.jpg


魚籃観音は多くの絵師に取り上げられて来た画の題材なのですが、ほとんどは「仏画」として描かれているものです。

この画は、腿が一部肌けているところや、魚の困惑ぎみの表情などから、仏画としてではなく、むしろ、比較的品のよい「春画」にも近い「見立て絵」(パロディー画)として描かれたのではないかと思われます。

魚籃観音(ぎょらんかんのん)は、三十三観音(法華経によると、観音さまが人々を救済する為に三十三の姿に変身してこの世に現れ・・)の一つで、中国唐の時代の魚売りの美女が、後に観音として信仰されるようになった話(内容は省略します)に由来するのだそうです。
魚を篭に入れて持つ姿又は魚の上に乗る姿として描かれたり、それを造像されたりして、信仰の対象とされていたようで、この観音に念ずれば 「羅刹・毒龍・悪鬼の害を除くことを得る」 とされていたそうですが、羅刹・毒龍・悪鬼が何れも空想上の存在とされている現代では、このご利益祈願はどうなのでしょう?
(江戸名所絵図の江戸観音札所第25番目に当たり、魚籃観音を本尊とする東京の魚籃寺は、大漁・海上安全・商売繁盛・旅行安全・交通安全も祈願され・・・と言われている様です)





上の画の作者は不明なのですが、比較的似た雰囲気の画(主に版画)を多く残している浮世絵師で、有名な鳥文斎栄之一門筆頭の鳥高斎栄昌の木版画画像を参考のために下に貼ります。(この絵師は殆ど肉筆の美人画を残していないのですが、同一なのでは?・・・とても近い雰囲気を感じます)
e0259194_9213570.jpg





ところで、このマンガのような魚って、鱗の様子だと鯉!?
普通の鯉なら、長めのひげは、左右1本づつで一対に見えます。
(2本目で口先の方のひげは、極めて短いはず)

まさか、長いコイ文に掛けたとでも・・・?





[PR]
by Ru_p | 2013-01-20 12:00 | アート・コレクション | Comments(0)

呉道玄を模写?

楊柳観音立像図木版画 元画;呉道玄/模写;上田耕夫/彫;不詳  07021
e0259194_18344560.jpg

仏像はその出現以来、模写・模刻が繰り返され、優れたものは敬われ残されたと言う経緯が有って今に至ったのではないかと考えます。優れた仏像には多くの人が威厳を感じ、その美しさに癒されて来たと思います。
元の画を描いたとされる「呉道玄」は、唐代玄宗朝に仕え、それまでの画法に変革をもたらし「画聖」とまで呼ばれ、その画は、後世でも高い評価を受け、中国や日本の絵師に多大な影響を及ぼしたと言われています。
残念ながらそれを見ることは出来ませんが、模写を見ているだけでもその描線の力強さを感じさせられます。この画が模写された時点では、唐代に呉道玄の描いた優れたその仏画が日本に在ったのかも知れないと思うと、更に好奇心が湧いて来ます。


e0259194_18355262.jpg

銘文の部分の拡大画像をみますと、
呉道玄大悲尊像上田耕夫所臨(?)余詃
土山士景捐覚翻刻蔵之本寺将以(?)崇
信之士因識歳月於其端云
寛政十二年秋分後一日
前大乗護国禅寺禅無学誌

と読めます。
●元の画を描いたのが唐の呉道玄(5~6世紀)で、それを臨写したのが上田耕夫(?~1833/円山応挙の弟子で、上田耕沖の父)ということらしいです。
●「寛政十二年秋分後一日」は、西暦1800年9月24日、それが銘文の日付という意味だと思われます。
●「前大乗護国禅寺禅無学誌」は、この文が無学愚禅(1787年から加賀大乗寺43世となった)が記したもの、という意味だと思われます。
●逆算すると、版下の臨写(模写)が行われたのは、西暦1800年かそれ以前と言うことになりそうです。

木版画なので、他にも同一の品が存在する可能性が有ると思い、ネットの画像検索をしてみました。
全く同じ物は有りませんでしたが、よく似た画像は数件見付けました。ただし、鮮明な画像のあるサイトでは「学術目的のホームページへのリンク」に限り利用可能との条件が有りましたので、画像を直接は乗せられず、そのリンクを試ることにはします。
リンク画像は、上の画像と同じく楊柳観音立像でしたが、版下を模写したのが小池 曲江(1758年~1847年)と言う仙台藩の絵師で、文政6年4月(西暦1823年)に松島瑞巌寺にて造立された石碑の拓本のようです(サイズは約一割大く拡大されています)。それには、元の画の作者の情報の記載はありませんでした。
画像を見比べると判ると思いますが、(それぞれの版下画が描かれた時期には22年前後の開きはありますが)元の画が同一の可能性が大きいと思われます。木版と石碑と言う違いがありますが、全体の輪郭線が酷似しているにも拘わらず、細部の模様に異なっている部分が多々見られます。
このことから、模写時点で既に元画は酷く損傷していたのではないかと推測されます。(場合によっては現存はしていない可能性があります)

それとは別のサイトにも、「文化3年(1806年)に小泉斐によって模写された」酷似の肉筆画が、見つかりました。模写された時期が近いことからも、元の画が同一の可能性が高いとも考えられます。こちらの一つは大田原市の「県指定有形文化財」になっているそうです。他の一つは「栃木県文化財指定」になっている様です。共に元の画の作者が「呉道玄」と関わることの記述は無いようです。


上の画像中の無学の銘文は、仏画がそこで1200年近くもの時を飛び越えて伝搬した可能性を示す興味深い手掛りかと考えられます。またそれは、仏画(や仏像)をその様式で制作年代評価することの難しさをも示していると思います。
[PR]
by Ru_p | 2013-01-10 00:57 | アート・コレクション | Comments(0)

白隠の禅画

 楊柳観音図   10002     42.5×121.0
e0259194_1950278.jpg
e0259194_19503710.jpg

観自在菩薩行深般若波羅蜜多時照見五蘊皆空度
一切苦厄舎利子色不異空々不異色々卽是空々卽是色受想
行識亦復如是舎利(子)是諸法空相不生不滅不垢不淨不遝不
減是故空中無色無受想行識無眼耳鼻舌身意無色聲香
味觸法無眼界乃至無意識界無々明亦無々明盡乃至無老死亦無
老死盡無苦集滅道無智亦無得以無所得故菩提薩埵依
般若波羅蜜多故心無罣礙無罣礙故無有恐怖遠離一切顛倒
夢想究竟涅槃三世諸佛依般若波羅蜜多故得阿耨多羅
三藐三菩提故知般若波羅蜜多是大神咒是大明咒是無上咒是
無等等咒能除一切苦真実不虛故説般若波羅蜜多咒卽説咒曰
羯諦々々波羅羯諦波羅僧羯諦菩提娑婆訶
明和 第二乙酉佛成道日
   沙羅樹下老衲書拝写


賛文は旧字体の『摩訶般若波羅蜜多心経』(いわゆる般若心経のこと)ですが、よく見ると3行目の8~9文字間に「」の字が脱字。(この位ならご愛敬だと思われますね)
文字には意図的とも思われる濃淡の変化があり、無味乾燥と思われがちな経文に景色を与えている様にも見えます。墨には「藍墨」が使われている様です。



白隠さんは多くの観音図を描き残していますが、このお顔は優しく穏やかだと思います。(こんな感じが理想のタイプだったのでしょうか)
e0259194_12224732.jpg

楊(柳)の枝を挿した小瓶で象徴される「楊柳観音」ですが、この枝には悪病を祓い清める力があり除病するのだそうで、そのことが般若心経と関連の深い『陀羅尼集経』にも見られるそうです。
また、職業絵師ではなく、僧侶であった白隠さんは『内観法』と呼ばれる独自の健康法(今でも多くの人が続けている)を考案・提唱した人なので、それとも関連があって、この観音を頻繁に描いたのかも知れません。

アニメチックで敢えて下手くそ風にデフォルメを強調した画風は65歳以降のものですが、それによって更にインパクトが強まった様に感じられます。年代的に見ると、後の仙厓さんや更に下った芦雪辺りにも大きな影響を与えたと考えられ、興味深いです。


「明和 第二乙酉佛成道日」は明和2年で旧暦12月8日で西暦1766年1月。この日付は満80歳頃で、亡くなる3年前になるようです。

※白隠慧鶴(はくいんえかく)
  1686年1月19日(貞享2年12月25日) - 1769年1月18日(明和5年12月11日)
 『沙羅樹下』は60歳頃以降使われるようになった白隠さんの号。
 『老衲(ロウノウ)』とは老いた僧という意味。
 『佛成道日』は12月8日で、お釈迦様が悟りを開いた記念日。


 辞世の言葉には 「 一たび死ねばもう死なぬぞや 」 というのが・・・







[PR]
by Ru_p | 2012-12-13 08:45 | アート・コレクション | Comments(0)

芦雪の観音図

長沢芦雪 筆「白衣観音図」  07029  43x106

e0259194_7334997.jpg寺との繋がりが強かった蘆雪ですが、仏画の残存数はとても少ないのだそうです。 

この観音様、一見女性を想定して描かれた様ですが、優しいお顔で、体格の良いの男性にも見えなくはありません。おそらく、本来の「菩薩」の姿についての深い知識を得ていたからなのでしょう。簡潔な描き方なのに、「慈愛」の表情も十分に感じられる秀作だと思います。
衣の下の手が作る「山」の形の力強い線は、まるで白隠の達磨図の線をも思い起こさせますが、どんな意味を持たせて描いたのでしょうか。おそらく千手観音の様に中で合掌しているのでしょが、見方によっては、観音を山陰から昇る陽に見立てた様でもありますし、「心」という字の様でもあります。(まさかロザリオを隠し持っている訳でもないでしょうが・・・?)

これは「仏画」なのですが、芦雪が落款をしっかり残しているということは、依頼主が供養や奉納よりも鑑賞を目的としたからなのでしょうか、単に蘆雪の自己主張のためだったのでしょうか(古い仏尊図は一般的には、教典に従って写経の様にその姿が写されて来ました。落款も御本尊への畏敬の気持ちから本紙の表側には記さないことが多かったようで、有名な絵師の画でも無落款が多数あります)。芦雪の人柄を考えると、何か一捻り(いたずら)したのではないかと期待して観てしまいます。



























 

      
 
[PR]
by Ru_p | 2012-06-02 08:25 | アート・コレクション | Comments(0)


妄想猫の起末具連記


by Ru_p

最新の記事

恋する・・・? (芦雪)
at 2017-10-14 00:08
憧れだった蕪村?(芦雪)
at 2017-10-01 06:41
江戸でもダンス(の2)
at 2017-09-26 00:06
大文字焼き?(蘆雪)
at 2017-07-21 20:05
古今集の古筆(その2:素性法師)
at 2017-06-23 20:14
伝説の仙人 (芦雪の1)
at 2017-06-02 18:03
巣作り?
at 2017-05-31 07:25
旅の 常備品
at 2017-05-06 15:46
京都で タンポポ
at 2017-05-04 10:18
月にひとり (芦雪)
at 2017-04-16 19:38
さくらも散り
at 2017-04-14 19:51
タンポポ 健在
at 2017-03-30 14:18
鬼の姿 (芦雪)
at 2016-06-16 21:02
ねこがきます??
at 2016-06-08 12:00
良寛の書 「・・兔角・・」
at 2016-05-22 19:26
良寛の書 「・・夜雨・・」
at 2016-05-22 18:30
良寛の書 「・・兄弟・・」
at 2016-05-22 15:00
カントウタンポポ みつけ・・
at 2016-04-20 20:57
ひニャ祭り
at 2016-03-03 21:46
蛙・・・岩 (仙厓)
at 2016-02-21 15:35

記事ランキング

タグ

(34)
(22)
(19)
(14)
(13)
(12)
(11)
(10)
(10)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

ブログジャンル

カテゴリ

東洋蘭
にゃんこ
アート・コレクション
その他

検索

メモ帳

ライフログ

画像転用禁止