フォント

タグ:良寛 ( 13 ) タグの人気記事

良寛の書 「・・兔角・・」

16015 48×131
e0259194_191236100.jpg

      口  足  身  手
      吟  着  着  把
      無  亀  空  兔
      聲  毛  華  角
      詩  履  衣  杖

   良
   寛




手に兔角の杖を把り
身に空華の衣を着け
足に亀毛の履を着け
口に無声の詩を吟ず

( 口に無声の詩を吟ずることは、普通はあり得ない行動ですが、そこにこの詩の意・・・? )

良寛さんの自作の詩なのですが、漢詩として見れば、前3行の文字には下の「寒山」(中国唐時代の伝説の奇人僧)が作ったとされる漢詩からの部分的な引用があります(仏教用語の文字や韻律で)。

身着空
亀毛履
手把兔角

擬射無明鬼

ここで共通する「兔角」「空華(花)」「亀毛」の3つの言葉は、何れもこの世に存在し得ない架空の物を指す象徴的な仏教用語なのだそうです。


日本の仏教は、「仏の教え」として伝わって来た経文を正確に写し(コピー)伝える文化が当たり前だったのですが、良寛さんは この詩を自身の独自の世界に取り込んで、『書』の面白さとして楽しんでいた様です。


ここでも、仮名文字風で日本的・・・ 抽象絵画風で好きな『書』です。




沢山の詩や歌を作ったとされる良寛さんなのですが、その『書』も度々(複数回)揮毫される事があった様で、今日でも多くの作品が残されています。
ところが良寛さんは、それらを手元に控えて残しておく事が出来ていなかったらしく、書の揮毫の度に部分的に文字の変更が見られる事があります。(他の歌人でも、同様のことはあります)
良寛さんが作った詩に関しては、多くの研究が行われて来たのですが、書かれたその文字は、特に癖(簡略化などのアレンジ)が強く読みとり辛いこともあるので、それらの別バージョンの内容は、今まであまり多くは取り上げられることがなかったようです。
良寛さんは同じ詩を書いていたつもりだったのかも知れませんが、控えも持たずに何十年も前の詩を思い出すとなれば、細部の変更が生じたとしても不思議な事ではありません。恐らくご本人は、詩の論理的に微妙な構成要素よりも、『書』としての出来映えの方が関心が強かったのではなかったのか(?)と思われます。









[PR]
by Ru_p | 2016-05-22 19:26 | アート・コレクション | Comments(0)

良寛の書 「・・夜雨・・」

16014 48×131
e0259194_1975678.jpg


夜雨袈裟老暁烟無
人(問※)消息年々又年

 釋良寛書


長い修業時代の迷いの気持ちを顧みた詩のようですが、良寛さん自作の漢詩です。

※当初は、下の様な五言律詩の構成だったようです。(朱色が共通文字)

自参曹渓道
千峰深閉門
藤纒老樹暗
雲埋幽石寒
烏藤朽夜雨
袈裟老暁烟
無人
消息
年年又年年


おそらく 晩年に、好きな(?)文字だけを並べて『書』を楽しんだのでしょう。

(漢詩の制約も越えられる、自由な人の・・・ )


この『書』も、漢文なのに仮名の雰囲気があり、抽象絵画のような魅力もあり、好きです。












[PR]
by Ru_p | 2016-05-22 18:30 | アート・コレクション | Comments(0)

良寛の書 「・・兄弟・・」

16013 48×131
e0259194_16101990.jpg
 到 又 生 我 一 一 〳 余
 處 見 涯 見 人 人 〵 郷
 亡 其 如 其 愚 辨 心 有
 命 聰 有 愚 且 而 各 兄
 趨 者 餘 者 訥 聰 殊 弟


「ここに人柄の良い兄弟がいて、愚かで口下手な方(の良寛さん)は、気持ちに余裕を持って暮らし、利口で能弁な方(弟の由之)は、常に忙しく走り回っている」
という様な意味なのでしょう。
( 小利口で口が達っても、必ずしも人生が豊ではないと・・・ )

※「訥」 トツ;「口ごもって、つっかえながら言う」の意味。

良寛さんが、弟に家督を譲って退いた後の実家の没落ぶりを知り「自分と弟との性格を比較し、人生の不可解さを感じながらも、本当に豊かな生き方はどちらだったのかを問うかの様な詩です。

4歳下だった弟の山本由之は、文化7年(1810年:由之48歳の頃)には名主職を失い、家財没収・所払いの処分を受け、謹慎せざるを得ない状況に追い込まれていたそうです。

ここの詩はその頃に良寛さんが作ったらしいのですが、この『書』は、後年に思い出して書き直した物ではないかと思われます(微妙に文字の異なる別バージョンが何点かあるようです)。五言詩の形なのですが、まるで仮名文字を見る様なデフォルメには「日本的」な味わいを感じます。

極めて大胆で簡潔な(論理的でもあるべき)文字は、個性が強く読み難いのですが、全体を抽象絵画(か?)として眺めると、妙に調和とか躍動感があります。

良寛さんは、本来中国から伝わった漢詩であっても、その自由で大胆な感性でアレンジして遊び楽しんでしまっていた様です。


この『書』は、文節の切れ目、改行の位置など細かなバランスなどを超越して、更に何かを語っています。



身近な肉親の消息は、誰でも当然 気に・・・











[PR]
by Ru_p | 2016-05-22 15:00 | アート・コレクション | Comments(0)

良寛 思慕の歌

年ごとに あふと・・・(七夕)  良寛書  13014  30.5x26.5
e0259194_121825.jpg

年ことに あふと
わすれと 七
夕の ぬる夜
の数ぞ すく
なかりけり

  沙門良寛書



「年ごとに 逢うとはすれど 七夕の 寝る夜の数ぞ 少なかりける」
という古今和歌集 秋歌上179番の歌の様です。

良寛さんが58歳(1817年)の頃、遠く江戸の地に出向いたまま、なか
なか戻れない7歳年下の維馨尼(いきょうに)さんを想って詠んだ、と思
われる歌(維馨尼さんを織り姫に見立てたと思われる七夕関連の歌の一つ
で、他にも万葉集や自作の詩が幾つか現存しているそうです)の墨跡です。

清貧であるべき僧としての体面に囚われない大胆な感情表現や堂々と署名を残す姿勢には、
裏も表も隠さずに生きようとした潔さが感じられます。

良寛さんの書を見ていて癒やさるのは、子どもが書く字の様で「あざとさ」
を感じさせないからかも知れません。
デフォルメの奔放さ伸びやかさも好きです。




1817年(文化14)の七夕だとすると、新暦では立秋の後で8月18日
の深夜の行事です。(故に季語は秋)

「ぬる」には「寝る」の他に「濡れる」の意味も含むようです。


例によって、古過ぎて真跡を厳密に立証する方法は存在しませんが・・














.

[PR]
by Ru_p | 2013-10-01 20:15 | アート・コレクション | Comments(0)

良寛の和歌

10006
e0259194_15452286.jpg

わがやどを
和我也東遠
たづねてきませ
多川禰天幾満勢
あしひきの
安之悲起能
やまのもみぢを
也萬能裳美知遠
たおりがてらに
當遠利可轉良爾

釋良寛書



多くの知人に来訪を促す為に送った内容らしいのですが、使われている仮名の元文字を変えたり、改行の位置を変えたりというバリエーションが多かった様で、気まぐれな性格だったのでしょうか?<br><br><br><br><br><br>

[PR]
by Ru_p | 2012-07-05 08:16 | アート・コレクション | Comments(0)

良寛の五言律詩


  11010
e0259194_6384190.jpg

生涯懶立身 騰々任天眞 嚢中三升米 爐邊一束薪
誰問迷悟跡 何知名利塵 夜雨草庵裡 雙脚等間伸
                         良寛書



生涯身を立つるに懶(ものう)く 騰々(とうとう)天真に任す 嚢中(のうちゅう)三升の米 炉辺(ろへん)一束の薪(たきぎ)
誰か問わん迷悟(めいご)の跡 何ぞ知らん名利の塵 夜雨草庵の裡(うち) 雙脚(そうきゃく)等間(とうかん)に伸ばす

立身出世に興味無く この本性に生きたのだ ズタ袋には米三升 薪は炉辺の一束か
迷や悟は聞くだけ野暮よ 金もいらなきゃ名誉もいらぬ 足を延して安臥 夜雨の極楽


相変わらず改行の位置に無頓着なので読み難いのですが、文字は見事!
e0259194_620319.jpg

文字を『読んで』理解してもらうことが目的なのではなく、ただ書くことを愉しんだ。ということだったのでしょうか?







前衛芸術という意識で見れば井上有一の書にも通じる精神性を感じます。
戦後いち早く入手し愛読していたとされる良寛さんの詩集を題材にして『井上有一』は何点も作品を残しています。その中で、上の詩の作品(1960年制作で、木炭描き;元となったと思われる良寛さんの詩の28~30文字目が23~27文字目と入れ替わっている様ですが、全体としての意味は大きく変わることはありません)では、その精神性を受け継いで・・・おそらく良寛さんには共感を覚え、強い影響を受けていたからでしょう。

e0259194_10141450.jpg          【参考】(カタログレゾネ『全書業』第一巻189頁のCRNo.60059より)


























[PR]
by Ru_p | 2012-07-04 07:11 | アート・コレクション | Comments(0)

良寛の姿

  11021
e0259194_16185238.jpg
良寛さんが珍しく自分の姿を詠んだ詩だそうです。

良寛さんのほぼ同じ内容の作品が幾つか現存している様です。僅かに言い回し(?)が違っていますので、例によって「誤字脱字」の類で七言詩なのに余分な字が混じってしまっている様です。
そんなことには全く無頓着でしっかりと落款署名してくれています。(主に青字の部分が余分?/緑字部分には類似の別の字のバージョンがある様です)
おそらく、晩年に思い返して書き直した物だからではないかと思われます。

頭髪蓬々耳卓朔  
衲衣半破若雲烟  
日暮城頭帰來  
児童相擁前又後
  

頭髪蓬々として耳卓朔なり
衲衣半ば破れて雲煙の若し
日暮城頭帰来時の路
児童相擁す前また後ろ

      良寛書


髪は耳をも越えて伸び、衣はぼろぼろに破れてしまい、城近くの日暮れ時の帰り路で、前と後ろとから子供に支えられている

在りのままの自分の姿を詠った詩;内容にも字にも全てを曝け出せる生き方が見えます。
『書の達人』と言われたのは、ただ手本の字の形を真似る技のことではなく、他人にどの様に見られるかなど気にせずに筆を動かせ、心の自由を感じさせる『書』が描けたからだと思います。高齢になってから「独り遊び」として書を始めた良寛さんの字は、形に理想を求めるだけの『書道』の手本には出来ないのかも知れませんが、その心の有り様は手本にしたいものです。










[PR]
by Ru_p | 2012-07-03 14:32 | アート・コレクション | Comments(0)

良寛の一行詩

「遊春浪子風流甚」  11040

e0259194_0381766.jpg元は「如淨禅師」の言葉なのだそうです。
(遊→游)

だれにでも書けそうなのに、、、
[PR]
by Ru_p | 2012-07-03 06:47 | アート・コレクション | Comments(0)

良寛の経文

09028
「千手千眼觀世音菩薩廣大圓滿無礙大悲心陀羅尼經」の一部だそうです。
e0259194_0323734.jpg
e0259194_033269.jpg

この長い名前の経は略して「大悲心陀羅尼(だいひしんだらに)」とか「大悲咒(だいひしゅう)」とも呼ばれる様です。

経の内容について詳しくは説明できませんが、文字は良寛らしくすばらしいです。
(脱字があるのは相変わらずですが、そこも魅力)
e0259194_7432380.jpg
e0259194_74353100.jpg

南無大悲観世音 願我早同法性身
我若向刀(山) 刀山自摧折
我若向火湯  火湯自消滅
我若向地獄  地獄自枯竭
我若向餓鬼  餓鬼自飽満
我若向修羅  悪心自調伏
我若向畜生  自得大智慧

南無大悲観世音 南無大悲観世音

沙門良寛謹書
[PR]
by Ru_p | 2012-07-02 07:48 | アート・コレクション | Comments(0)

良寛最晩年の詩

09029
e0259194_10451868.jpg

良寛さん〔西暦1758年~1831年2月18日〕が、亡くなる1か月前〔西暦1831年1月19日〕に鈴木牧之の山水画に賛を求めらて、この詩を書きましたので、同じ書を幾つか書いた訳でしょうが、最晩年の作になるのではないかと思います。

意味は、「若い頃は各地の風景に心ひかれて遊歴したが、(牧之の)美しい山水の図を見るにつけ、老境の身でもしきりに心うごかされる」と言うことらしいです。
e0259194_10455458.jpg

その頃は既に死期が目前であることを知っていた良寛さんですが、字には相変わらず子供のように自由な心を感じます。

(※署名の「沙門」は僧の意味)
[PR]
by Ru_p | 2012-07-01 11:04 | アート・コレクション | Comments(0)


妄想猫の起末具連記


by Ru_p

画像一覧

最新の記事

古今集の古筆(その2:素性法師)
at 2017-06-23 20:14
伝説の仙人 (芦雪の1)
at 2017-06-02 18:03
巣作り?
at 2017-05-31 07:25
旅の 常備品
at 2017-05-06 15:46
京都で タンポポ
at 2017-05-04 10:18
月にひとり (芦雪)
at 2017-04-16 19:38
さくらも散り
at 2017-04-14 19:51
タンポポ 健在
at 2017-03-30 14:18
鬼の姿 (芦雪)
at 2016-06-16 21:02
ねこがきます??
at 2016-06-08 12:00
良寛の書 「・・兔角・・」
at 2016-05-22 19:26
良寛の書 「・・夜雨・・」
at 2016-05-22 18:30
良寛の書 「・・兄弟・・」
at 2016-05-22 15:00
カントウタンポポ みつけ・・
at 2016-04-20 20:57
ひニャ祭り
at 2016-03-03 21:46
蛙・・・岩 (仙厓)
at 2016-02-21 15:35
仙厓の 福と福
at 2016-01-29 23:47
なんと 桜が・・・
at 2016-01-25 21:53
花の表情
at 2015-12-23 17:38
ほぼ、咲き揃い
at 2015-12-06 20:41

記事ランキング

タグ

(31)
(21)
(19)
(14)
(13)
(12)
(12)
(11)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

ブログジャンル

カテゴリ

東洋蘭
にゃんこ
アート・コレクション
その他

検索

メモ帳

ライフログ

画像転用禁止

画像一覧