フォント

タグ:琉球 ( 1 ) タグの人気記事

鬼の姿 (芦雪)

長沢芦雪筆 餅を食べる鬼   紙本 27.5×63 16016
e0259194_06318.jpg

鬼は伝説上(架空)の存在なので、当然写生は出来ないでしょうが、どこかの画で見た記憶があれば似た画に描けるのかも知れません。既に平安から室町時代の鬼は、「鬼門」と呼ばれる北東(丑寅:うしとら)の方向の呼び名に由来して、角・牙・褌等を牛と虎の特徴を組合せた姿とされていたので、今日広く定着した鬼のイメージとも殆ど違ってなかった様です。

この餅を食べる鬼の図は、琉球の古い伝説を画題にしたと思われます。
琉球の舜天王の時代(12~13世紀頃?)
出来事として語り継がれて来た話で、18世紀(1745年)に編纂された沖縄の歴史資料 球 陽 の中でも、年寄りからの伝承として記述されています。
本土では、馴染みの薄い沖縄の昔話なのですが、琉球では、古くから日本(朝廷その他)との人的交流が盛んに行われていたので、その話が当時京都に住んでいた長沢芦雪(1754~1799)の耳にも届き、画題として扱われる事になったのかと思われます。(江戸時代には「琉球ブーム」もあり・・)

この鬼が食べようとしている大きな餅は、沖縄では鬼餅(ムーチー)と呼ばれ、邪気(鬼災)を払う縁起物として食される習慣が既に広まっていたらしく、おそらく芦雪は、需要の多い「縁起物」としてこの画を描いたのではないかと思われます。
(芦雪は、何故か他にも珍しい昔話を題材として多くの画を描き残していますが、今では、それらを見て想像を膨らませる以外に、真の作画意図を知る術は無さそうで・・・)

その歴史資料の 球 陽 には、親を亡くした兄妹の兄の方が人を殺し、その肉を食べる様になり、「鬼」として人々から恐れられてしまった事で、肉親としてそれを憂慮した妹が、自ら兄を退治する為に、兄の好物だった餅に鉄(「・・餅内装丸・・」)を入れて食べさせ、騙して崖から落として死なせると言う話(多少不自然な展開の悲劇)が漢文で記されています。
(その話は、後世沖縄の各家庭で、縁起物の「鬼餅」を旧暦12月8日に食べる習慣として広まった事の根拠の様でもあります)

ここで個人的には疑問が生じました。

餅の内に入れた「鉄(丸)」程度で、鬼を退治が出来たのでしょうか?
貧しい妹が、そんな不確実な作戦の為に稀少な「鉄」を使うのは不自然では?

何世代も伝承が繰り返されて来たのでしょうから、基の話と内容が変わってしまっている可能性が大きいでしょうし、編纂当時の琉球では平仮名(表音文字)は普及していましたが、漢字は未だ未成熟だったようですから、記録内容に怪しい部分があったとしても不思議ではありません。(文字の無かった琉球で漢字が通用し始めてから、あまり長くは経ってなかったので)

そこで、沖縄なら簡単に入手可能な毒性植物の蘇鉄(ソテツ)の存在が思い当たり、上の「餅内装鉄丸」が「餅内蘇鉄丸(実?)」の伝承ミス(読みも似ている為)だった可能性を想定してみました。

蘇鉄(ソテツ)は、18世紀以降の琉球では、毒を抜く加工方法が普及し、飢饉時の非常食として、保存しておいた種子などを食べる事もあったのですが、この鬼の時代(12〜13世紀頃?)にはまだ、食べれば死ぬ事がある 強い毒 (サイカシン)の植物だった(今でも牛が誤食して死ぬ例が多く、時には角が抜け落ちた例も有るそう)と思われます。
また、秋から冬にかけて朱色の実(種子)を成らせますので、この伝説の鬼の死んだとされる12月8日にも近く、つじつまが合いそうです。

更に、琉球にとって日本よりも繋がりが深かった中国では、蘇鉄(ソテツ)が「鉄樹」という名前で呼ばれていたそうですので、この話で単に「鉄」と混同されたとしても、無理も無かった事でしょう。


そこで餅の中身ですが、 「装鉄」の文字を「蘇鉄」に置き替えれば、
説得力の有る鬼退治ストーリーが 成立、   メデタシ


今まで誰にも指摘されていなかったとは、とても不思議。
(食べずとも、鉄なら重さで鬼に気付かれてしまうから)







もしこの鬼が昔話の通りなら、元の姿は人間で、それが醜く変わり果てていた事になります。
慢性的な不況下で食糧に困窮する最下層の人間が、生きるために人間を殺してその肉を食べてしまう様な事は、他でもきっと起こっていた事ではないかと思います。
ただ、おそらく芦雪ならば、そんな地獄絵図(※)や生々し過ぎる鬼人は、描きたくはないと思ったことでしょう。(芦雪の描く生き物達には、多くの場合に、どことなく可愛らしい雰囲気が感じられます)

この鬼、筋肉モリモリなのに、やんちゃ坊主の様なお茶目顔で、
立て膝もカワイイ

・・・・・・・・・おにーちゃん?!








描かれた人物は、往々にして描き手に似てしまうとも言われますが、
その頃の芦雪って、こんな雰囲気?  (まるで、謾画・・・ )





e0259194_12532629.jpg(※)この画の印は芦雪の寛政以降の作品に使われていた物の様ですが、摩耗が少な目なので、30代後半頃に押されたのでしょうか。(朱文蒲鉾形連印 A)

その頃の芦雪ですと、父親や幼い子供達を相次いで亡くし、暗く悲しい時期だったのかも知れませんが・・・・。








 

[PR]
by Ru_p | 2016-06-16 21:02 | アート・コレクション | Comments(1)


妄想猫の起末具連記


by Ru_p

最新の記事

『猫』 を躾ける人? (文晁)
at 2017-10-28 10:42
恋する・・・? (芦雪)
at 2017-10-14 00:08
憧れだった蕪村?(芦雪)
at 2017-10-01 06:41
江戸でもダンス(の2)
at 2017-09-26 00:06
大文字焼き?(蘆雪)
at 2017-07-21 20:05
古今集の古筆(その2:素性法師)
at 2017-06-23 20:14
伝説の仙人 (芦雪の1)
at 2017-06-02 18:03
巣作り?
at 2017-05-31 07:25
旅の 常備品
at 2017-05-06 15:46
京都で タンポポ
at 2017-05-04 10:18
月にひとり (芦雪)
at 2017-04-16 19:38
さくらも散り
at 2017-04-14 19:51
タンポポ 健在
at 2017-03-30 14:18
鬼の姿 (芦雪)
at 2016-06-16 21:02
ねこがきます??
at 2016-06-08 12:00
良寛の書 「・・兔角・・」
at 2016-05-22 19:26
良寛の書 「・・夜雨・・」
at 2016-05-22 18:30
良寛の書 「・・兄弟・・」
at 2016-05-22 15:00
カントウタンポポ みつけ・・
at 2016-04-20 20:57
ひニャ祭り
at 2016-03-03 21:46

記事ランキング

タグ

(34)
(21)
(19)
(14)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

ブログジャンル

カテゴリ

東洋蘭
にゃんこ
アート・コレクション
その他

検索

メモ帳

ライフログ

画像転用禁止