フォント

タグ:漢詩 ( 8 ) タグの人気記事

良寛の書 「・・兔角・・」

16015 48×131
e0259194_191236100.jpg

      口  足  身  手
      吟  着  着  把
      無  亀  空  兔
      聲  毛  華  角
      詩  履  衣  杖

   良
   寛




手に兔角の杖を把り
身に空華の衣を着け
足に亀毛の履を着け
口に無声の詩を吟ず

( 口に無声の詩を吟ずることは、普通はあり得ない行動ですが、そこにこの詩の意・・・? )

良寛さんの自作の詩なのですが、漢詩として見れば、前3行の文字には下の「寒山」(中国唐時代の伝説の奇人僧)が作ったとされる漢詩からの部分的な引用があります(仏教用語の文字や韻律で)。

身着空
亀毛履
手把兔角

擬射無明鬼

ここで共通する「兔角」「空華(花)」「亀毛」の3つの言葉は、何れもこの世に存在し得ない架空の物を指す象徴的な仏教用語なのだそうです。


日本の仏教は、「仏の教え」として伝わって来た経文を正確に写し(コピー)伝える文化が当たり前だったのですが、良寛さんは この詩を自身の独自の世界に取り込んで、『書』の面白さとして楽しんでいた様です。


ここでも、仮名文字風で日本的・・・ 抽象絵画風で好きな『書』です。




沢山の詩や歌を作ったとされる良寛さんなのですが、その『書』も度々(複数回)揮毫される事があった様で、今日でも多くの作品が残されています。
ところが良寛さんは、それらを手元に控えて残しておく事が出来ていなかったらしく、書の揮毫の度に部分的に文字の変更が見られる事があります。(他の歌人でも、同様のことはあります)
良寛さんが作った詩に関しては、多くの研究が行われて来たのですが、書かれたその文字は、特に癖(簡略化などのアレンジ)が強く読みとり辛いこともあるので、それらの別バージョンの内容は、今まであまり多くは取り上げられることがなかったようです。
良寛さんは同じ詩を書いていたつもりだったのかも知れませんが、控えも持たずに何十年も前の詩を思い出すとなれば、細部の変更が生じたとしても不思議な事ではありません。恐らくご本人は、詩の論理的に微妙な構成要素よりも、『書』としての出来映えの方が関心が強かったのではなかったのか(?)と思われます。









[PR]
by Ru_p | 2016-05-22 19:26 | アート・コレクション | Comments(0)

良寛の書 「・・夜雨・・」

16014 48×131
e0259194_1975678.jpg


夜雨袈裟老暁烟無
人(問※)消息年々又年

 釋良寛書


長い修業時代の迷いの気持ちを顧みた詩のようですが、良寛さん自作の漢詩です。

※当初は、下の様な五言律詩の構成だったようです。(朱色が共通文字)

自参曹渓道
千峰深閉門
藤纒老樹暗
雲埋幽石寒
烏藤朽夜雨
袈裟老暁烟
無人
消息
年年又年年


おそらく 晩年に、好きな(?)文字だけを並べて『書』を楽しんだのでしょう。

(漢詩の制約も越えられる、自由な人の・・・ )


この『書』も、漢文なのに仮名の雰囲気があり、抽象絵画のような魅力もあり、好きです。












[PR]
by Ru_p | 2016-05-22 18:30 | アート・コレクション | Comments(0)

良寛の書 「・・兄弟・・」

16013 48×131
e0259194_16101990.jpg
 到 又 生 我 一 一 〳 余
 處 見 涯 見 人 人 〵 郷
 亡 其 如 其 愚 辨 心 有
 命 聰 有 愚 且 而 各 兄
 趨 者 餘 者 訥 聰 殊 弟


「ここに人柄の良い兄弟がいて、愚かで口下手な方(の良寛さん)は、気持ちに余裕を持って暮らし、利口で能弁な方(弟の由之)は、常に忙しく走り回っている」
という様な意味なのでしょう。
( 小利口で口が達っても、必ずしも人生が豊ではないと・・・ )

※「訥」 トツ;「口ごもって、つっかえながら言う」の意味。

良寛さんが、弟に家督を譲って退いた後の実家の没落ぶりを知り「自分と弟との性格を比較し、人生の不可解さを感じながらも、本当に豊かな生き方はどちらだったのかを問うかの様な詩です。

4歳下だった弟の山本由之は、文化7年(1810年:由之48歳の頃)には名主職を失い、家財没収・所払いの処分を受け、謹慎せざるを得ない状況に追い込まれていたそうです。

ここの詩はその頃に良寛さんが作ったらしいのですが、この『書』は、後年に思い出して書き直した物ではないかと思われます(微妙に文字の異なる別バージョンが何点かあるようです)。五言詩の形なのですが、まるで仮名文字を見る様なデフォルメには「日本的」な味わいを感じます。

極めて大胆で簡潔な(論理的でもあるべき)文字は、個性が強く読み難いのですが、全体を抽象絵画(か?)として眺めると、妙に調和とか躍動感があります。

良寛さんは、本来中国から伝わった漢詩であっても、その自由で大胆な感性でアレンジして遊び楽しんでしまっていた様です。


この『書』は、文節の切れ目、改行の位置など細かなバランスなどを超越して、更に何かを語っています。



身近な肉親の消息は、誰でも当然 気に・・・











[PR]
by Ru_p | 2016-05-22 15:00 | アート・コレクション | Comments(0)

蒹葭堂の画 (の2)

木村蒹葭堂筆 墨竹図
08030
e0259194_1551578.jpg


不願與梅癯常思与竹直自含
細々香々改青々色

天明 甲辰 竹酔日 巽斉龔写


と書かれているのだと思われます。

この日付は、天明4年の「竹酔日」は、西暦1784年5月30日のことで、蒹葭堂47歳の頃の作品の様です。
(竹酔日は、中国で、竹を植えるのに適する日と言われていた陰暦5月13日を指すそうです)

画賛の漢詩書には油煙墨、竹の画には藍を含んだ松烟墨とが使い分けられています。
ここでも、多くの書風・画風を使い分けられる木村蒹葭堂の多芸多才ぶりを見る事が出来ます。
この様な墨画は画が書のように、書が画のように見へるところが面白いと思われます。
(さぞや、几帳面な性分だったのでしょうね)









[PR]
by Ru_p | 2012-12-14 14:57 | アート・コレクション | Comments(0)

狐の化粧

前回からの『化け狐』つながりで、
10029
e0259194_147545.jpg

e0259194_1465637.jpg


有狐綏綏(キツネありすいすいたり)
在彼水涯(かの水のきしにあり)
心之憂笑(心これ憂い笑う)
将以魅誰(まさにもって誰を魅すらん)

乙卯 杪冬 
少琹戯筆


作者;亀井少琹(かめいしょうきん 1798~1857)
江戸時代後期の漢詩人、画家、書家、儒学者・・・・
女性ながら男性以上に大胆な詩や字を多く残した人で、気に入っています。

上の詩は、参考で下に載せた※中国古代の詩をパロディーとして引用して賛としたお遊びの画(戯画)で、60歳で亡くなる1年位前(新暦1856年1~2月頃)の作品です。

「今夜は誰を誑かしてやろうか・・・」と水鏡で化粧に励む女狐の姿はカワイイのですが、どことなく人間の女性の『化粧』をも間接的に皮肉って居る様に感じるのは σ(^^) の思い過ごしでしょうか。
また、水鏡に写る顔の位置が、真下ではなく前方に大きくずれている事に江戸時代らしいおおらかさを感じさせられます。


※比較参考資料(詩経国風:衛風篇から「有狐」)
有狐綏綏
在彼淇側
心之憂矣
之子無服


元となったこの詩の大まかな意味は「狐が向こう岸を渡るのを見ながら、私の心は貴方が今頃さぞや衣服も傷んでしまったのではないか気に掛かり・・」と兵役で戻らぬ夫を想う真面目な詩だったようなのですが、幾つかの文字を入れ替えて見事に全くの別物に変えてしまいました。

















[PR]
by Ru_p | 2012-11-08 14:32 | アート・コレクション | Comments(0)

良寛の一行詩

「遊春浪子風流甚」  11040

e0259194_0381766.jpg元は「如淨禅師」の言葉なのだそうです。
(遊→游)

だれにでも書けそうなのに、、、
[PR]
by Ru_p | 2012-07-03 06:47 | アート・コレクション | Comments(0)

良寛最晩年の詩

09029
e0259194_10451868.jpg

良寛さん〔西暦1758年~1831年2月18日〕が、亡くなる1か月前〔西暦1831年1月19日〕に鈴木牧之の山水画に賛を求めらて、この詩を書きましたので、同じ書を幾つか書いた訳でしょうが、最晩年の作になるのではないかと思います。

意味は、「若い頃は各地の風景に心ひかれて遊歴したが、(牧之の)美しい山水の図を見るにつけ、老境の身でもしきりに心うごかされる」と言うことらしいです。
e0259194_10455458.jpg

その頃は既に死期が目前であることを知っていた良寛さんですが、字には相変わらず子供のように自由な心を感じます。

(※署名の「沙門」は僧の意味)
[PR]
by Ru_p | 2012-07-01 11:04 | アート・コレクション | Comments(0)

良寛自作の詩

    09029
e0259194_18441013.jpg

良寛さんが国上山の五合庵で作った詩から、最晩年思い出した字を書き連ねた物らしく、下の漢詩の赤い部分の字がそれに当たります。
大胆な脱字にも頓着しない人柄だったのか、込められた意味は元の詩と同じなのでしょうが、好きな字だけ書いた作品の様に思えます。

少小抛筆硯 窃慕出世人
瓶與一鉢 游方凡幾春
帰来絶巘下 静
卜草堂貧
鳥充絃歌 瞻雲為此隣
崖下有
清泉 可以濯衣巾
嶺上有松柏 可以給採

優遊又優遊 薄言永今晨


「各地を僧として行脚したが、今は静かなこの庵で暮らして愉しい」とでも言うのが大まかな意味かと思います。

※元の詩には無い「日(?)」の字が上に飛び出した様に「清」の前に書き足されて在りますが・・。
e0259194_1632621.jpg

[PR]
by Ru_p | 2012-06-29 16:19 | アート・コレクション | Comments(0)


妄想猫の起末具連記


by Ru_p

画像一覧

最新の記事

古今集の古筆(その2:素性法師)
at 2017-06-23 20:14
伝説の仙人 (芦雪の1)
at 2017-06-02 18:03
巣作り?
at 2017-05-31 07:25
旅の 常備品
at 2017-05-06 15:46
京都で タンポポ
at 2017-05-04 10:18
月にひとり (芦雪)
at 2017-04-16 19:38
さくらも散り
at 2017-04-14 19:51
タンポポ 健在
at 2017-03-30 14:18
鬼の姿 (芦雪)
at 2016-06-16 21:02
ねこがきます??
at 2016-06-08 12:00
良寛の書 「・・兔角・・」
at 2016-05-22 19:26
良寛の書 「・・夜雨・・」
at 2016-05-22 18:30
良寛の書 「・・兄弟・・」
at 2016-05-22 15:00
カントウタンポポ みつけ・・
at 2016-04-20 20:57
ひニャ祭り
at 2016-03-03 21:46
蛙・・・岩 (仙厓)
at 2016-02-21 15:35
仙厓の 福と福
at 2016-01-29 23:47
なんと 桜が・・・
at 2016-01-25 21:53
花の表情
at 2015-12-23 17:38
ほぼ、咲き揃い
at 2015-12-06 20:41

記事ランキング

タグ

(31)
(21)
(19)
(14)
(13)
(12)
(12)
(11)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

ブログジャンル

カテゴリ

東洋蘭
にゃんこ
アート・コレクション
その他

検索

メモ帳

ライフログ

画像転用禁止

画像一覧