フォント

タグ:古今集 ( 4 ) タグの人気記事

古今集の古筆(その2:素性法師)

伝 素性法師(三十六歌仙の一人)筆   17007 16×23

平安貴族文化の貴重な資料の様です。
以前、どなたか研究者の方が、朱でチェックを入れた形跡が見られます。
(紙料の劣化具合には、千年以上の歴史の風情も感じられ・・)
e0259194_03135688.jpg









勝手な想像による 文書の意味
  雲林院歌会での控え(私的メモ)
    記載日;寛平初年3月?日(西暦889年4月?;「寛平御時后宮哥合」以前の春で、京都の山桜が散る頃)
    記録者;素性法師(桓武天皇の曾孫/当時は雲林院に住んでいた

自己流での 読みと解釈
       赤文字:変体仮名部分を現代の仮名文字に変換
       青文字:濁点等を加え、一部漢字に直し、現代語風に変換

      
  雲林院にてさくらのちりけるをこそよめり
  雲林院にて 桜の散りけるをこそ詠めり
      
     素性法師
     素性(そせい)法師
      
    をイ 
 花ちらす風のやとりはたれかしる我にをしへよ行てうらみん
 花散らす 風の やとり(居所)は 誰か知る 我に教えよ 行て恨みむ
   (古今76)  
    さくらの花のちり侍りけるをみてよめる
    桜の花の散りはべりけるを見て詠める
      
      
     承均法師 貫之カヲヒ 紀文時カ子也
     承均(そうく)法師 貫之が甥 紀文時が子也
      
  桜ちる花のところは春なから雪そふりつつきえかてにする
  桜散る 花の処は春ながら 雪ぞ降りつつ 消えがてにする
   (古今75)  
    雲林院にてさくらの花のちるを見てよめり
    雲林院にて 桜の花の散るを見て詠めり
      
      
  いさ桜我もちりなん一さかりありなは人にうきめみえなん
  誘(いざ)桜 我も散りなむ 一盛り ありなば人に 憂き目見えなむ
   (古今77)  
    花モ一サカリ也花ノ盛リニ我モチリナン
    花も一盛り也 花の盛りに 我散りなむ
      
     世ニナカラヘハ
     世に 長らえば
      
    人ニウキ目見ヘナント云也
    人に憂き目見えなむ と言う也
      


後に古今集に載る有名な春の歌三首が、雲林院(かつては京都の桜の名所)の私的歌会にて初めて作られ披露された時の作者(素性法師)自身による記録の様です。

素性法師自作の一首(頭に〇印)と、承均(そうく)法師が詠んだ二首とを記録した文書で、その内容から素性法師にとって、承均法師は、恐らくこの日が初対面で、紹介された内容をも同時に記録した物の様です。

その、承均法師の身の上に関連する記述の部分には、素性法師が親しくしていた紀貫之の甥で、父は紀文時であること等、殆ど世の中に知られていない情報が記載されていますので、原本(真筆)であれば、歴史資料として重要な意味がありそうです。




ところで、三首目の「いざ桜・・・」の承均法師の歌ですが、もう一花咲かせてから自分の人生も散らせたいと言う意味もあるとすれば、出家した僧の作としては、何とも俗世間に未練を残している心情が見え、妙な若さを感じます。(読みの仮名を表音文字と見ると、幾つかの意味を曖昧に掛ける事が可能なので、そんな遊び心が求められ/この歌会では、他にどれほど参加者が居たのか不明ですが、作者はその場で歌にコメントを述べていた様ですね)
この日が承均さんの、歌会初デビューだったのでしょうか?その新鮮さ故に老いた素性法師が気に留めて、この歌を選び残したのかも知れませんね。

それが、親友の甥へのエコヒイキだとしても、また狭い貴族社会だけの出来事なのだとしても、千年前の人も現代人も、心はそれほど違わない様で、なんだかチョット親近感が感じそられうです。




この頃の貴族が使った紙は、おそらく「唐紙(中国から輸入した紙)」でしょうが、こんな良い状態で残っているとは、紙と墨って、非常に優れた記録媒体なのですね。
















[PR]
by Ru_p | 2017-06-23 20:14 | アート・コレクション | Comments(0)

良寛 思慕の歌

年ごとに あふと・・・(七夕)  良寛書  13014  30.5x26.5
e0259194_121825.jpg

年ことに あふと
わすれと 七
夕の ぬる夜
の数ぞ すく
なかりけり

  沙門良寛書



「年ごとに 逢うとはすれど 七夕の 寝る夜の数ぞ 少なかりける」
という古今和歌集 秋歌上179番の歌の様です。

良寛さんが58歳(1817年)の頃、遠く江戸の地に出向いたまま、なか
なか戻れない7歳年下の維馨尼(いきょうに)さんを想って詠んだ、と思
われる歌(維馨尼さんを織り姫に見立てたと思われる七夕関連の歌の一つ
で、他にも万葉集や自作の詩が幾つか現存しているそうです)の墨跡です。

清貧であるべき僧としての体面に囚われない大胆な感情表現や堂々と署名を残す姿勢には、
裏も表も隠さずに生きようとした潔さが感じられます。

良寛さんの書を見ていて癒やさるのは、子どもが書く字の様で「あざとさ」
を感じさせないからかも知れません。
デフォルメの奔放さ伸びやかさも好きです。




1817年(文化14)の七夕だとすると、新暦では立秋の後で8月18日
の深夜の行事です。(故に季語は秋)

「ぬる」には「寝る」の他に「濡れる」の意味も含むようです。


例によって、古過ぎて真跡を厳密に立証する方法は存在しませんが・・














.

[PR]
by Ru_p | 2013-10-01 20:15 | アート・コレクション | Comments(0)

大和絵の伊勢

    11014
e0259194_2231152.jpg

 
   たちぬはぬ 衣きし人も なきものを 何山姫の 布さらすらむ

 (古今和歌集926/伊勢) 
 「裁ち縫わない衣を着た人もいないのに、なぜ山の女神は布を晒すのでしょうか」
と言うのが主な意味ですが、曖昧な日本語の不便であって便利?なところなのか、別の意味も当然掛かっているので・・・

「大和絵」風の画で、36歌仙の一人『伊勢』の姿と、滝の一部が描かれています。江戸時代の作と思われ、自画賛の様ですが作者(狩野派?)は不詳です。
以前の紀貫之の記事での古今和歌集043・044でも、この『伊勢』が和歌の作者でしたが、今から1100年以上前の平安時代の人物です。伊勢守従五位上藤原継蔭の娘で、その継蔭の任地から、『伊勢』の通称で呼ばれていたのですが、当時は秀でた才能を認められた貴族の歌人であったのに、女性ということで、姓でも本名でも呼ばれないのが普通だったようです。
e0259194_8481552.jpg

この画は、当時まだ十代半ばだった『伊勢』が、恋人と別れ、傷心が癒えぬまま龍門寺に詣で、滝のもとで歌を詠んだ時の姿でしょう。豪華な十二単や長い素直な髪・ふくよかな顔の輪郭と額の化粧・細い一重の目と小さな口など『平安美人』の決まりごとは外さずに、後世の絵師が勝手な解釈で作り上げたものでしょうが、どことなく悲しげに見えます。

  「どんな姫が わたしの大事な人を去らせてしまったのか・・」なのかな?
[PR]
by Ru_p | 2013-01-14 08:58 | アート・コレクション | Comments(0)

春ごとに(古今集の古筆:紀貫之)

    古今和歌集(春の歌)断簡  伝 紀貫之筆    07010     7.8x17.3
e0259194_21295081.jpg

この時季に合ういそうな『古筆』で「紀貫之(平安時代の歌人)筆」と言われる流麗な仮名文字です。

古今集43と44番目にある伊勢が詠んだ歌なので、紀貫之が書いた物だと9~10世紀、1100年間位は歴史があることになるのですが・・・
(客観的な真筆の立証は誰も出来ないでしょうが、時代はその位十分に有りそうです)

(参考の為に明暗の濃度レベルを調整した部分画像)
e0259194_23384270.jpg

(参考の為にコントラストを強調した部分拡大画像)
e0259194_2163561.jpg
まだ何とか読めますが、中国の竹の料紙(唐紙)らしく、繊維が短く脆い材質のため、本紙表面が擦り減り、墨の膠も枯れきって、字が消えて無くなる寸前です。(もしもその時代に良質の楮紙をこれに使ってくれていたならば、もっと綺麗な状態だったのでしょうが、当時の高級料紙が唐紙だったようで残念です)


付属していた小紙片(右側の)は、大昔の古筆鑑定家の証明書「極札」(作家毎に専門の鑑定人がいたそうで)ですが、落款印の鑑定人については未詳です。
この極札は、断簡に切り分けられて表具された頃、その表具(この軸と同仕様かは不明)に張られていた物を、表装直しの時(江戸時代か?)に分けて収納されたと思われます。

e0259194_215287.jpg
参考で現代の平仮名の訳文(濁点や漢字も加え)にしてみますと、

  はる(春)ごとになが(流)るるかわ(河)をはな(花)と見て
  を(折)られぬみず(水)にそで(袖)やぬれなむ[古今43]

  とし(年)をへ(経)てはな(花)のか々み(鏡)となるみず(水)は
  ※【ち(散)りかかるをやくも(曇)るといふらむ】[古今44] 
   (※【 】の部分は欠損)

ここでの「花」は、ではなくのことらしいので、今頃の季節に詠まれた歌なのでしょうか。
日本の和歌には解釈の多様性が含む曖昧さを愉しむ文化と言う一面があるので、それぞれの単語を一義的に漢字に改めてしまう事は、詠み人〔伊勢:9世紀頃の女性歌人で三十六歌仙の一人〕の想いに必ずしも沿わないのでしょうから、深い意味は・・・・?


二首目が途中で欠損して(文字も切れて)しまっているのは、むかし長尺物のままだった頃、これを求める人が大勢いたので、幾つかに分断されることになった時に、そこまで配慮されなかったからなのでしょう。
この様に小さな紙片に切り刻まれてしまった原因は、茶の湯の道具として好まれる大きさ(茶室の床の間に掛けて観賞する為の仕様)と、道具屋の売り易さの都合(全体だと高価過ぎて売れない)にあったからでしょう。
とても残念なことなのですが、結果的には不完全な形ながらも世に残ることが出来た訳ですから、茶道文化がもたらした功罪についても、改めて考えさせられます。

箱に「文久四年(1864)正月新調」(表装直し)という書き込みと、京都烏丸の表装店の名があったのですが、裂はもっと古い物の様です。また、「京都の廃寺から出た物」との伝承があるので、紀貫之の現存する他の墨跡類との共通性もあり、大変に興味深い品物です。







[PR]
by Ru_p | 2012-03-11 21:53 | アート・コレクション | Comments(0)


妄想猫の起末具連記


by Ru_p

最新の記事

『猫』 を躾ける人? (文晁)
at 2017-10-28 10:42
恋する・・・? (芦雪)
at 2017-10-14 00:08
憧れだった蕪村?(芦雪)
at 2017-10-01 06:41
江戸でもダンス(の2)
at 2017-09-26 00:06
大文字焼き?(蘆雪)
at 2017-07-21 20:05
古今集の古筆(その2:素性法師)
at 2017-06-23 20:14
伝説の仙人 (芦雪の1)
at 2017-06-02 18:03
巣作り?
at 2017-05-31 07:25
旅の 常備品
at 2017-05-06 15:46
京都で タンポポ
at 2017-05-04 10:18
月にひとり (芦雪)
at 2017-04-16 19:38
さくらも散り
at 2017-04-14 19:51
タンポポ 健在
at 2017-03-30 14:18
鬼の姿 (芦雪)
at 2016-06-16 21:02
ねこがきます??
at 2016-06-08 12:00
良寛の書 「・・兔角・・」
at 2016-05-22 19:26
良寛の書 「・・夜雨・・」
at 2016-05-22 18:30
良寛の書 「・・兄弟・・」
at 2016-05-22 15:00
カントウタンポポ みつけ・・
at 2016-04-20 20:57
ひニャ祭り
at 2016-03-03 21:46

記事ランキング

タグ

(34)
(21)
(19)
(14)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

ブログジャンル

カテゴリ

東洋蘭
にゃんこ
アート・コレクション
その他

検索

メモ帳

ライフログ

画像転用禁止