フォント

タグ:化け狐 ( 2 ) タグの人気記事

狐の化粧

前回からの『化け狐』つながりで、
10029
e0259194_147545.jpg

e0259194_1465637.jpg


有狐綏綏(キツネありすいすいたり)
在彼水涯(かの水のきしにあり)
心之憂笑(心これ憂い笑う)
将以魅誰(まさにもって誰を魅すらん)

乙卯 杪冬 
少琹戯筆


作者;亀井少琹(かめいしょうきん 1798~1857)
江戸時代後期の漢詩人、画家、書家、儒学者・・・・
女性ながら男性以上に大胆な詩や字を多く残した人で、気に入っています。

上の詩は、参考で下に載せた※中国古代の詩をパロディーとして引用して賛としたお遊びの画(戯画)で、60歳で亡くなる1年位前(新暦1856年1~2月頃)の作品です。

「今夜は誰を誑かしてやろうか・・・」と水鏡で化粧に励む女狐の姿はカワイイのですが、どことなく人間の女性の『化粧』をも間接的に皮肉って居る様に感じるのは σ(^^) の思い過ごしでしょうか。
また、水鏡に写る顔の位置が、真下ではなく前方に大きくずれている事に江戸時代らしいおおらかさを感じさせられます。


※比較参考資料(詩経国風:衛風篇から「有狐」)
有狐綏綏
在彼淇側
心之憂矣
之子無服


元となったこの詩の大まかな意味は「狐が向こう岸を渡るのを見ながら、私の心は貴方が今頃さぞや衣服も傷んでしまったのではないか気に掛かり・・」と兵役で戻らぬ夫を想う真面目な詩だったようなのですが、幾つかの文字を入れ替えて見事に全くの別物に変えてしまいました。

















[PR]
by Ru_p | 2012-11-08 14:32 | アート・コレクション | Comments(0)

芦雪の 『目』

魅力的な目の狐。     08016

e0259194_154613100.jpg
厳密には「白蔵主(はくぞうす)」と呼ばれる僧に化けた狐(法衣を纏い、体の前に杖をつく姿の狐)。
狂言では「釣狐」の題目で古くから演じられていたようです。

芦雪の「白蔵主」にはもっと人に近いバージョンで「幽霊・髑髏仔犬・白蔵主三幅対」と言う題の作品もあり、本や展示会でも紹介されていた様ですが、雰囲気は全く異なります。

芦雪が昔話を題材にした作品は他にも幾つかあるのですが、おそらくこの話もその時代ではトレンディーだったのでしょう。












長沢芦雪 筆、「白蔵主(はくぞうす)図」





簡潔な筆遣いながら、芦雪の技量の高さを示す大好きな作品の一つです。
e0259194_0565522.jpg

ただ、この画にはなぜ足が描かれていないのでしょうね・・・・?











長沢芦雪 筆「白蔵主の図」→
[PR]
by Ru_p | 2012-05-27 00:02 | アート・コレクション | Comments(0)


妄想猫の起末具連記


by Ru_p

最新の記事

恋する・・・? (芦雪)
at 2017-10-14 00:08
憧れだった蕪村?(芦雪)
at 2017-10-01 06:41
江戸でもダンス(の2)
at 2017-09-26 00:06
大文字焼き?(蘆雪)
at 2017-07-21 20:05
古今集の古筆(その2:素性法師)
at 2017-06-23 20:14
伝説の仙人 (芦雪の1)
at 2017-06-02 18:03
巣作り?
at 2017-05-31 07:25
旅の 常備品
at 2017-05-06 15:46
京都で タンポポ
at 2017-05-04 10:18
月にひとり (芦雪)
at 2017-04-16 19:38
さくらも散り
at 2017-04-14 19:51
タンポポ 健在
at 2017-03-30 14:18
鬼の姿 (芦雪)
at 2016-06-16 21:02
ねこがきます??
at 2016-06-08 12:00
良寛の書 「・・兔角・・」
at 2016-05-22 19:26
良寛の書 「・・夜雨・・」
at 2016-05-22 18:30
良寛の書 「・・兄弟・・」
at 2016-05-22 15:00
カントウタンポポ みつけ・・
at 2016-04-20 20:57
ひニャ祭り
at 2016-03-03 21:46
蛙・・・岩 (仙厓)
at 2016-02-21 15:35

記事ランキング

タグ

(34)
(22)
(19)
(14)
(13)
(12)
(11)
(10)
(10)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

ブログジャンル

カテゴリ

東洋蘭
にゃんこ
アート・コレクション
その他

検索

メモ帳

ライフログ

画像転用禁止