フォント

タグ:与謝蕪村 ( 6 ) タグの人気記事

憧れだった蕪村?(芦雪)

まだ駆け出しで修業中だった長沢芦雪(1754-1799/7/10)が、「平安人物志」(近世京都文化人の名や住所を集成した出版物)天明二年版の画家部門に、掲載されたのが29歳(満28歳頃)で、彼には初めての事でした。

「平安人物志」は、芦雪の存命中では、明和五年(1768)の第一版に始まり、二版目の安永四年(1775)での改訂を経て、その天明二年版(1782年7月)で三度目の出版でした。(その次は30年も後の文化十年版で、芦雪の没後14年目)

芦雪の師匠の円山応挙は、既に画家部門の筆頭に名を連ねていましたので、芦雪にとって自分の名が平安人物志に載った(絵師として、世間から認められた)事は、さぞや嬉しい出来事だったと思われます。

天明二年版の画家部門を見ると、筆頭の応挙に次いで、伊藤若冲・与謝蕪村 等の名がありました。
その頃の与謝蕪村(1716-1784/1/17)は、芦雪の住居から約1キロの近距離に住んでいましたが、亡くなる1年半位前(数え年67歳)で、重度の下痢症を患って衰弱していた様です。

当時の芦雪にとって蕪村は同業者ですが、自分より遙かに名前の売れた先輩でしたから、老い衰えたとはいえ、その存在には大きな関心を持ち、顔や姿も当然見知っていたと考えられます。

長沢芦雪筆 空を見上げる歌人の図 17007 紙本 29×128.5
e0259194_23062235.jpg
上の画や落款の署名は、芦雪が最晩年(蕪村が没した10年以上後の寛政後期)に使っていた書体(筆致)の様です。
とすればこの画は、芦雪が見た最晩年の蕪村の姿を、何らかの理由で、十数年後に回想して描いたものかと思われます。

この画の場面は、蕪村が空を飛ぶ鳥(カラス?)に、何らかの想い(哀愁?)を感じて眺めている姿、と芦雪の目には映ったのでしょう。

場合によっては、カラスに似た、(※)八哥鳥に見えたのかも知れません。

(当時日本の絵師達は、中国の宮廷絵師として1731年から約二年間長崎に滞在した沈南蘋の、花鳥図の技法に大きく影響を受けていて、八哥鳥にも特に強い関心を持ち、飼育する人も多くいたそうです)

※ 八哥鳥:ハッカチョウ/叭叭鳥(ハハチョウ);スズメ目ムクドリ科;日本では殆ど見られませんでしたが、大陸南部に多く生息していて、中国画の題材には古くから吉祥鳥として扱われて来ました。


参考:芦雪にとって、応挙の同門で何かと因縁深かった松村呉春(1752-1811)も、後に蕪村を回想して、没後18年目の命日の為に、肖像画を描き残しています。  
e0259194_14492688.jpg

呉春筆 蕪村画像 享和元年(1801)
(MIHO MUSEUM 監修の展示会画集より)


蕪村存命中最後の十年間、呉春は画と俳諧で蕪村の弟子でしたし、その最期も看取っていました。




下の画は、落款の署名と印象から、芦雪が晩年の蕪村を見かけたのと近い頃に描いたと思われる八哥鳥の図です。
この画には、沈南蘋(中国清時代の宮廷画家)の画を基にした摸写という意味の「倣南蘋筆意」の文字が記されています。

写真も印刷も普及していない江戸時代以前の日本では、必ずしも絵師にオリジナリティーが求められず、摸写であっても価値を評価される時代でした。(仏画の場合などは、当然全てが仏典からの引用や複写でしたしので、その様な文化的背景もあったからでしょうか)
e0259194_23063409.jpg
長沢芦雪筆 岩上の八哥鳥図 「倣陳南蘋筆意」 17012 紙本 24.3×88.6

天明年間の初め頃(又はその前)の若描きで、文字や描線に、よく言えば初々しさはありますが、どことなく稚拙で、まだ芦雪らしい自信や勢いが感じられません。

その頃の多くの日本の絵師達と同様に、芦雪も練習のために中国の画(として沈南蘋の八哥鳥)を写したのでしょうが、虎図と同様で実物を見る機会が殆どない為、想像に頼った解釈で描かざるを得ない面があったのかも知れません。

この八哥鳥図での、羽の白っぽい色の部分の表現は、墨をわざと塗り残した様な描写で、蕪村の晩年の「鳶・鴉図(重文)」の雪の部分の描写(塗り残しの技法)に多少似ている様にも見えます。また、鳥の表情は妙に『アニメチック』(で擬人化されたかの様)に感じられます。
場合によっては、若く未熟だった芦雪なりに、蕪村の作品から、何らかの影響を受けて描いていたのかも知れません。



芦雪には、実在の生き物を描いたと思われる作品でも(十分観察しているはずなのに)、あたかも人の様に感情を持つ(?)のかと感じられる画が多々あり、そこが魅力でもあります。

この芦雪や蕪村(と更に仙厓も)の描く生き物には、「カワイイ」と感じてしまう画が多く、個人的に大好きな絵師たちです。
(彼らの個性や人柄からなのかも知れませんが、生き物への優しさ・慈しみが感じられ、癒やされます)






























[PR]
by Ru_p | 2017-10-01 06:41 | アート・コレクション | Comments(0)

江戸でもダンス(の2)

①舞美人図  岩佐勝重筆 絹本肉筆 39×31.6 17015
e0259194_23180535.jpg
女性が鼓と踊りで、若い男性をもてなしている、江戸初期の花街の情景なのでしょう。
あどけなさの残る、若い男性の視線は、片袖を脱ぎつつ踊る、お気に入りの女性に釘付け・・


画の作者は、落款印「勝重」から、岩佐又兵衛(1578-1650)の嫡子の岩佐勝重(1613-1673)かと思われます。

この親子は、筆致が非常に似ている事や、無落款の作品が多い事など、謎が多かったので(時代が古く、資料が少ない:同じ工房で活動していたり、「御用絵師」と言う立場もあり)、同一人物の作と見る説もあったそうです。
(物理的な年代測定は可能でも、厳密な作者の特定は今でも無理です)


画は描線も衣装の柄も、活き活きとして繊細、その場の会話までが聞こえて来そうです。

岩佐勝重の生きた時代の作品ですと場所は、2代目吉野太夫をも輩した京都六条三筋町辺りの遊郭でしょうか、人々が大らかだった頃の風情が感じられます。






②俳画 与謝蕪村筆 紙本淡彩色 26×71  17003
e0259194_23241161.jpg
画賛には、蕪村の「四五人に 月落ちかかる おどりかな」の句。
(自画賛の俳画ですので、俳句と画は、リンクしているはず)

蕪村は、これと同じテーマの俳画作品を、他にも複数(仮名遣いや構図はそれぞれ異なる)残していますが、何れも気負いのない文字や画で、自然体の人柄が感じられます。(どれも画が、かわいい)




真夏の盆踊り。
何かに憑かれたかの様に踊り続け、最後に残った四~五人。
始めは上にあった月も、すっかり低く傾いてしまっている。
そんな情景が思い浮かびます。

この時代には、BGM(笛太鼓の演奏)も、夜通し付き合ってくれていたのでしょうか。







昔も今も、踊り( ≒ ダンス )には、踊る側はもちろん、見る側をも引き込む魅力(魔力?)がある様です。









[PR]
by Ru_p | 2017-09-26 00:06 | アート・コレクション | Comments(0)

「かわいい江戸絵画」前期

を府中市美術館で見て来ました。

真に「かわいい」を感じたのは、芦雪・仙厓等の数点だけで
したが、企画としては今回もかなり面白いと思いました。


ただ、展示内容で、一つ気になった事がありました。
「作品番号84」 蕪村が自画賛で俳句を書いた画です。
e0259194_18155031.jpg


「短夜 浪うち際 捨かがり」と言う有名な句としてキャプチャー
にも画集にも書かれ、音声ガイドでもそう読み上げられていました。

ところが、現物を良く見ると、
「みしか夜 浪打きは すて篝」 (短夜の 浪打際や 捨篝)
画賛の「」と「」が入れ替わってます。

e0259194_832415.jpg

この程度の調整や書き違い?は、他の多くの歌人・絵師でも
頻繁に目にすることだと思います(場合によっては、作者が意
図的に『別バージョン』として書いた物なのかも知れません)。

ただ、解説がその事実を曲げる様な扱いをしている事が少々気
になりました。(変体仮名が一般的ではないにしても、担当者は
当然気づいていたでしょうし、新発見かも知れないのに・・・残念)













[PR]
by Ru_p | 2013-04-04 20:01 | その他 | Comments(0)

蕪村 ついで

俳画をもう一つ

紙の質は漉き返しの粗悪品。落款の印象部分を□と描いて省略してあります。
俳人の名前も省略したりで、雑な筆遣い。   09027
e0259194_023768.jpg

俳諧の巨匠;芭蕉・其角・嵐雪の三人の姿と彼らの代表的な句を配した画。
人物は『没後220年蕪村』展画集の「俳師十哲」の一部と同じ構図。
「俳師三哲」とでも呼びましょうか(こちらの方が画が大きいので描写は精細)。
真筆だとは思いますが、虫食いシワシワのまま長年放置してありましたので、鑑賞用の画としてでなく、参考資料としています。

画と俳句は右から
①おもしろふて やかてかなしき 鵜ふね哉  翁(芭蕉)
②千鳥なく 加茂川越へて 鉢たたき  其角
③ふとんきて 寝たるすかたや 東山  (嵐雪)

ここで、②は其角の原作では「千鳥なく・・」ではなく「千鳥たつ・・」なので、蕪村の勘違いなのでしょうか。それに、冬と夏の句を一緒に並べるところは内容をあまり重視してないからでしょう。画から感じられることとして、蕪村はある面で大らかな捕らえ方をする性格だったのでしょう。












[PR]
by Ru_p | 2012-04-29 06:00 | アート・コレクション | Comments(0)

宜??(蕪村)

魚売り舟の山水図  謝春星筆 (画質調整済) 絹本 49.6x36.4 12005
e0259194_13523051.jpg

じつに穏やかで楽しそうな日常の一場面。勝手な想像ですが、遠い山の霞や人物の衣装、それに大漁の魚から、初夏の早朝を感じます。

画のもっと右上の方に実は「謝春星」の落款と「壬辰冬写於夜半亭中」との記述があります。どうやらその場で見たの情景と言うよりも、記憶と心象(近郊の夏の渓流風景?)を重ねて描いた山水画なのではないかと思います。(「謝春星」は、与謝蕪村の絵師としての雅号で、俳画で俳人の場合の雅号を「蕪村」として使い分けていました)

「壬辰冬」は干支から明和9年(西暦1772年)の冬(10~12月)に当たり、蕪村が57歳の頃の作と言うことになりそうです。また、池大雅との共作で有名な十便十宜図(大きさがこれの約6分の1程度だった)が描かれた約1年後に当たります。
(この頃元号が明和から安永に変わったので、元号を安永と書かないと言うことが、まだ明和の年の末で、10月から11月16日の改元以前の作とも考えられますが??)

ここの人物の姿に中国の香りを感じるのは、蕪村が中国文人画に憧れて大きな影響を受けていたからでしょうが、それならば、優しそうな庵の亭主には蕪村翁自身を投影したと解釈すべきなのでしょうか?つまり、ここでの登場人物がある意味では洒落た「隠し落款」のつもりでもあったのかも知れませんね。

魚を売ろうとする老女とそれを秤で検めようとする庵主の表情からはまるで会話までが聞こえて来そうです。若くて寡黙そうな船頭は老女の息子かと思われますが、舟が流されない様に川底に立てる竿の様子からは、深さや水量までも想像されます。また、庵の奥から優しそうな眼差しで亭主を見守る夫人の表情からは、幸せな生活の安堵感が窺えます。心に描いた理想の情景の様で、とても楽しそうな雰囲気の画です。おそらく、絵師自身も楽しみ遊びながら描いていたことでしょう。(池大雅の釣便図とも似た長閑な雰囲気が感じられます)

これは古い画なので、真筆かどうかは不明(真筆の場合でも誰も立証は出来ません)ですが、作者が真摯な気持ちで描いたことは伝わってきます。風で竹の葉の摺れる音や、川の爽やかな水音までが聞こえて来る様に画の中に引き込まれる、好きな画です。



e0259194_12303738.jpg上の画像は写真編集ソフトで見やすく調整し直した物で、色修正前の実物の画は、まだ染み抜き洗浄していないので、経年のため右の様に色焼けで赤・黄色が濃く暗い見苦しい物で、参考として載せます。
































[PR]
by Ru_p | 2012-04-26 21:32 | アート・コレクション | Comments(0)

謎の句(与謝蕪村)

今ひとつ俳句としての意味が掴みにくいと言われる、
「時雨るゝや蓑買ふ人のまことより」
という蕪村の作った謎の句があるそうです。
(原文未確認ですが、意味不詳として有名)

    09025
e0259194_14195589.jpg右の画には蕪村の落款があり、それに似た句が書かれています。

旧仮名の読み方はおそらく、
「者つしく連 蓑かふ人の 真よ李」
で、現代の平仮名に置き換えると、
「はつしぐれ 蓑かう人の まことより」
となり、上記の謎の句とよく似ていることに気付きます。

絶えず自作の句には見直しや修正を検討し続けていたでしょうから、こんな形で別バージョンの句を残したのかも知れません。

この句は自作俳画への自賛なので(俳人としての落款の「蕪村」とあるので)、当然画と句はリンクしているはずです。ですから、画からも句の意味が読み取れて当然と思われます。

更に漢字を加えた現代語訳に直した場合に、
「初時雨 蓑かう人の まことより」
だとすれば、強く降る秋の冷たい雨や疾風を、必死に蓑と笠を交って(又は、手で支ってか?)絶え凌ぎながら働き続ける人の姿と一致してくれそうです。

蕪村が崇拝していた芭蕉の「貴さや 雪降らぬ日も 蓑と笠」や「ふらずとも 竹植うる日は 蓑と笠 」という句の影響を受けたと考えられますが、この画の登場人物ならば、そんな蓑や笠ならばったりせず自分等で作った事と思われます。


『初時雨』は今日では冬の季語だそうですが、蕪村の崇拝した芭蕉の有名な「初しぐれ猿も小蓑をほしげ也」の句は9月(旧暦)に詠まれた歌らしいので、秋であっても使ったのかもしれないと判断してみました。


   
















e0259194_72960.jpg

下敷きの畳の目の凹凸を利用して、本紙を斜めに置き、渇筆で一気に描いた雨の表現や、牛の頭と足の動きもよく観察されていて(牛は、左右の前足を出す度に頭を上下に振る様な動きをします;頭を振る反動を利用して足を持ち上げているから)、技術的にも情緒的にも優れた好きな画です。 

これでも画が自己流だったとは、蕪村という人は・・・・
















             
[PR]
by Ru_p | 2012-04-24 18:37 | アート・コレクション | Comments(0)


妄想猫の起末具連記


by Ru_p

最新の記事

『猫』 を躾ける人? (文晁)
at 2017-10-28 10:42
恋する・・・? (芦雪)
at 2017-10-14 00:08
憧れだった蕪村?(芦雪)
at 2017-10-01 06:41
江戸でもダンス(の2)
at 2017-09-26 00:06
大文字焼き?(蘆雪)
at 2017-07-21 20:05
古今集の古筆(その2:素性法師)
at 2017-06-23 20:14
伝説の仙人 (芦雪の1)
at 2017-06-02 18:03
巣作り?
at 2017-05-31 07:25
旅の 常備品
at 2017-05-06 15:46
京都で タンポポ
at 2017-05-04 10:18
月にひとり (芦雪)
at 2017-04-16 19:38
さくらも散り
at 2017-04-14 19:51
タンポポ 健在
at 2017-03-30 14:18
鬼の姿 (芦雪)
at 2016-06-16 21:02
ねこがきます??
at 2016-06-08 12:00
良寛の書 「・・兔角・・」
at 2016-05-22 19:26
良寛の書 「・・夜雨・・」
at 2016-05-22 18:30
良寛の書 「・・兄弟・・」
at 2016-05-22 15:00
カントウタンポポ みつけ・・
at 2016-04-20 20:57
ひニャ祭り
at 2016-03-03 21:46

記事ランキング

タグ

(34)
(21)
(19)
(14)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

ブログジャンル

カテゴリ

東洋蘭
にゃんこ
アート・コレクション
その他

検索

メモ帳

ライフログ

画像転用禁止