フォント

<   2017年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

古今集の古筆(その2:素性法師)

伝 素性法師(三十六歌仙の一人)筆   17007 16×23

平安貴族文化の貴重な資料の様です。
以前、どなたか研究者の方が、朱でチェックを入れた形跡が見られます。
(紙料の劣化具合には、千年以上の歴史の風情も感じられ・・)
e0259194_03135688.jpg









勝手な想像による 文書の意味
  雲林院歌会での控え(私的メモ)
    記載日;寛平初年3月?日(西暦889年4月?;「寛平御時后宮哥合」以前の春で、京都の山桜が散る頃)
    記録者;素性法師(桓武天皇の曾孫/当時は雲林院に住んでいた

自己流での 読みと解釈
       赤文字:変体仮名部分を現代の仮名文字に変換
       青文字:濁点等を加え、一部漢字に直し、現代語風に変換

      
  雲林院にてさくらのちりけるをこそよめり
  雲林院にて 桜の散りけるをこそ詠めり
      
     素性法師
     素性(そせい)法師
      
    をイ 
 花ちらす風のやとりはたれかしる我にをしへよ行てうらみん
 花散らす 風の やとり(居所)は 誰か知る 我に教えよ 行て恨みむ
   (古今76)  
    さくらの花のちり侍りけるをみてよめる
    桜の花の散りはべりけるを見て詠める
      
      
     承均法師 貫之カオヒ 紀文時カ子也
     承均(そうく)法師 貫之が甥 紀文時が子也
      
  桜ちる花のところは春なから雪そふりつつきえかてにする
  桜散る 花の処は春ながら 雪ぞ降りつつ 消えがてにする
   (古今75)  
    雲林院にてさくらの花のちるを見てよめり
    雲林院にて 桜の花の散るを見て詠めり
      
      
  いさ桜我もちりなん一さかりありなは人にうきめみえなん
  誘(いざ)桜 我も散りなむ 一盛り ありなば人に 憂き目見えなむ
   (古今77)  
    花モ一サカリ也花ノ盛リニ我モチリナン
    花も一盛り也 花の盛りに 我散りなむ
      
     世ニナカラヘハ
     世に 長らえば
      
    人ニウキ目見ヘナント云也
    人に憂き目見えなむ と言う也
      


後に古今集に載る有名な春の歌三首が、雲林院(かつては京都の桜の名所)の私的歌会にて初めて作られ披露された時の作者(素性法師)自身による記録の様です。

素性法師自作の一首(頭に〇印)と、承均(そうく)法師が詠んだ二首とを記録した文書で、その内容から素性法師にとって、承均法師は、恐らくこの日が初対面で、紹介された内容をも同時に記録した物の様です。

その、承均法師の身の上に関連する記述の部分には、素性法師が親しくしていた紀貫之の甥で、父は紀文時であること等、殆ど世の中に知られていない情報が記載されていますので、原本(真筆)であれば、歴史資料として重要な意味がありそうです。




ところで、三首目の「いざ桜・・・」の承均法師の歌ですが、もう一花咲かせてから自分の人生も散らせたいと言う意味もあるとすれば、出家した僧の作としては、何とも俗世間に未練を残している心情が見え、妙な若さを感じます。(読みの仮名を表音文字と見ると、幾つかの意味を曖昧に掛ける事が可能なので、そんな遊び心が求められ/この歌会では、他にどれほど参加者が居たのか不明ですが、作者はその場で歌にコメントを述べていた様ですね)
この日が承均さんの、歌会初デビューだったのでしょうか?その新鮮さ故に老いた素性法師が気に留めて、この歌を選び残したのかも知れませんね。

それが、親友の甥へのエコヒイキだとしても、また狭い貴族社会だけの出来事なのだとしても、千年前の人も現代人も、心はそれほど違わない様で、なんだかチョット親近感が感じそられうです。




この頃の貴族が使った紙は、おそらく「唐紙(中国から輸入した紙)」でしょうが、こんな良い状態で残っているとは、紙と墨って、非常に優れた記録媒体なのですね。
















[PR]
by Ru_p | 2017-06-23 20:14 | アート・コレクション | Comments(0)

伝説の仙人 (芦雪の1)

陳楠 洪流濟行図 長沢芦雪筆  16006 56*130 紙本肉筆
e0259194_05395760.jpg

「陳楠」は、伝説上の『仙人』達(約500人)を集めて紹介した『有象列仙全伝(校次:世貞輯/1526~1590)』と言う中国の本(全九巻の八巻目)に図像と共に載っています。
その図像は上の画とよく似ているので、おそらく芦雪は、そんな資料を見る機会があったと言う事なのでしょう。

これと似た資料が他にも幾つか世に存在するのですが、長い間に様々に編集が繰り返されたらしく、微妙に記述が異なるので、何れのどの部分が大元の資料に近かったのか、今では判断が難しいところです。

その『有象列仙全伝』の原文から、陳楠に関する部分を
下に抜き出して(異字体は修正)みました。

陳楠字南木号翠虚。
傳羅人。
以盤櫳箍桶為生。
後得太乙刀圭金丹法於毘陵禅師。
得景霄大雷琅書於黎姥山神人。
能以符水捻土愈病。
時人呼之為沈泥九。
時披髪日行四五百里。
鶉衣百結塵垢満身。
善食犬肉終日爛酔。
嘗之蒼梧遇郡禱旱。
翠虚執鉄鞭下漳駆龍須曳雷雨交作過三山大義渡。
洪流舟不敢行。
翠虚浮笠而濟。
行欽管道中遇群盗拉殺之瘞三日盗散復甦遊長沙。
衝帥節。
執拘送邕州獄數夕回長沙矣中夜坐或倉水銀。
越宿成白金常自言(関?)世四十五。
然人傳有四世見之者。
以丹法授白玉蟾寧宗嘉定間。
於漳入水而解去當日有葛縣尉在潭州寧郷見之。
翠虚與尉父相能。
因寄書潮州達其父計之即水解日。
巳復與其父相見。



【これを勝手に解釈してみますと】

陳楠は、字を南木・号を翠虚、及び泥丸(原文中「泥九」ですが編纂読取りミス?)と呼ばれていた。
傳羅県(今の広東省恵州市;ホンコンの少し北の辺り)の人。
盤(さら)・檻(おり)・箍(たが)・桶(おけ)を作る事が生業だった。
異なる不思議な術を伝授される機会があり、それぞれ会得していた。
その能力で、泥を扱い病人を癒やした事で、泥丸(九?)とも呼ばれていた。
髪を振り乱し、時には日に百数十㎞(中国の一里は約400mらしいので)も走る事があった。
酷いボロ着と垢まみれに汚れた身なりでいた。
犬の肉をよく食べ、終日泥酔していた。
干ばつで人々が苦しんでいる時には池に入り、鉄ので龍を連れだし、雷雲を起こさせ雨を降らせて解決させた。
洪水となり、舟が進めなくても、陳楠は浮かせた笠に乗り渡る事ができた。
旅先で盗賊に襲われ、死んでしまっても、数日後には元気に甦ってみせた。
(以下省略)

つまりは、不老不死と言われた人の荒唐無稽なお話。


ここでの、
傳羅;この地名は紀元前214年に設置され、紀元後280年(太康元年)に博羅県と改称されています。
鉄鞭;製鉄は、前600年ころから始まり、前50年ころからは武器も鉄製となり、後漢(8~265)の時代には、鋼も量産されていたそうです。

以上の事から,
「陳楠」が実在したのならば、前1世紀~後3世紀頃の人物だった、と推測出来そうです。
(二千年近くも昔ですと、まともな資料が残ってなくて当然でしょうね)
超人の存在への期待と憧れから、伝承に尾ヒレが加わっている可能性が高い事でしょう。


これは、芦雪がいかにも好きそうな題材で、思い切りよい勢いのある描線で、陳楠の不気味なキャラクターが見事に描かれています。
当時、こんな大胆にデフォルメされた画って大衆にも好まれたのでしょうか?

まるで漫画の世界を見ているようで・・・♪






これぞ 絵 空 事




[PR]
by Ru_p | 2017-06-02 18:03 | アート・コレクション | Comments(0)


妄想猫の起末具連記


by Ru_p

画像一覧

最新の記事

古今集の古筆(その2:素性法師)
at 2017-06-23 20:14
伝説の仙人 (芦雪の1)
at 2017-06-02 18:03
巣作り?
at 2017-05-31 07:25
旅の 常備品
at 2017-05-06 15:46
京都で タンポポ
at 2017-05-04 10:18
月にひとり (芦雪)
at 2017-04-16 19:38
さくらも散り
at 2017-04-14 19:51
タンポポ 健在
at 2017-03-30 14:18
鬼の姿 (芦雪)
at 2016-06-16 21:02
ねこがきます??
at 2016-06-08 12:00
良寛の書 「・・兔角・・」
at 2016-05-22 19:26
良寛の書 「・・夜雨・・」
at 2016-05-22 18:30
良寛の書 「・・兄弟・・」
at 2016-05-22 15:00
カントウタンポポ みつけ・・
at 2016-04-20 20:57
ひニャ祭り
at 2016-03-03 21:46
蛙・・・岩 (仙厓)
at 2016-02-21 15:35
仙厓の 福と福
at 2016-01-29 23:47
なんと 桜が・・・
at 2016-01-25 21:53
花の表情
at 2015-12-23 17:38
ほぼ、咲き揃い
at 2015-12-06 20:41

記事ランキング

タグ

(31)
(21)
(19)
(14)
(13)
(12)
(12)
(11)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

ブログジャンル

カテゴリ

東洋蘭
にゃんこ
アート・コレクション
その他

検索

メモ帳

ライフログ

画像転用禁止

画像一覧