フォント

<   2016年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

仙厓の 福と福

仙厓義梵筆 彼岸河豚図 自画賛  16005 49x36

e0259194_07392206.jpg
仙厓さんの描く生き物のカワイイ表情や奔放な文字には、人間愛的優しさがあり、好きです。

自画賛には、

唵阿毘羅 千いと 福れた 彼岸福 

(唵阿毘羅 ちいと ふくれた 彼岸ふく)

冒頭の「唵阿毘羅」の字は、唵阿毘羅吽欠蘇婆訶(読み:オンアビラウンケンソワカ)と言う大日如来(胎蔵界)を表す「真言(言葉の音が仏尊を現すとされる「呪文」)」の先頭の四文字の様です。( 相変わらず、巧さを捨てた奔放な筆遣い )

仙厓さんは、禅宗の坊さんでしたが、有名な〇△□の図をも描き残している事から、真言(的宇宙観;三角が火、円が水、四角が地を表わす;元はインドから伝わった五輪思想で、宇宙の構成元素が「空・風・火・水・地」とする)にも知識と関心があったと思われます。

春の彼岸()の頃に大漁となり、その頃までが旬となるヒガンフグ(フグ目 › フグ亜目 › フグ科 › トラフグ属;別名=マフグ)ですが、水揚げ時に歯を摺り合わせて出す音(フグが唱える声?)が、戒律によって食する機会も無かったかもしれない仙厓さんの耳には「真言」の様に聞こえた(仏性を感じた)のかも知れません。
古来インドの初期仏教で、「空」は「膨れ上がった」「うつろな」を意味するそうですので、河豚の膨れた姿に、その宇宙観の「空」を重ねて見たのかも知れませんね。

仙厓さんのいた福岡(から山口方面に掛けて)では、フグ(河豚)を濁らずにフクと発音するので、読みの同じ「」の字を当てて使う事があった様で、ちいと膨(フク)れたにも更に「」を掛けてみたのでしょう。

が重なる 目出度い画の様で、、万物に禅の宇宙・・・なので『禅画』?

※彼岸:春は、春分の日(昼と夜の時間が最も近づく日)を中日として、前後各3日を合わせた7日間の事です。
 今年(西暦2016年)の場合、3月20日が春分ですので、春の彼岸は3月17日~3月23日となります。



フグの背の斜め等間隔の白筋は、畳の上に紙を置いて輪郭線を描いた仙厓さんが、畳編み目の谷部分で墨がかすれる事()に気付き、急遽角度を調整してそれを背中の柄として利用したものと思われます。意図的であろう根拠は、直後に同じ墨で書き加えた画賛の方には、かすれが無い様ですので・・



※下敷きの畳編み目の筋と墨跡とを描画効果に利用する事は、江戸時代の他の絵師でも行なわれていた事の様です。















[PR]
by Ru_p | 2016-01-29 23:47 | アート・コレクション | Comments(0)

なんと 桜が・・・

e0259194_15532210.jpg
e0259194_15542838.jpg

一株だけですが、昨日(2016年1月24日)の午後、家の近所で発見(河津桜?)

しあわせ!







[PR]
by Ru_p | 2016-01-25 21:53 | その他 | Comments(0)


妄想猫の起末具連記


by Ru_p

最新の記事

『猫』 を躾ける人? (文晁)
at 2017-10-28 10:42
恋する・・・? (芦雪)
at 2017-10-14 00:08
憧れだった蕪村?(芦雪)
at 2017-10-01 06:41
江戸でもダンス(の2)
at 2017-09-26 00:06
大文字焼き?(蘆雪)
at 2017-07-21 20:05
古今集の古筆(その2:素性法師)
at 2017-06-23 20:14
伝説の仙人 (芦雪の1)
at 2017-06-02 18:03
巣作り?
at 2017-05-31 07:25
旅の 常備品
at 2017-05-06 15:46
京都で タンポポ
at 2017-05-04 10:18
月にひとり (芦雪)
at 2017-04-16 19:38
さくらも散り
at 2017-04-14 19:51
タンポポ 健在
at 2017-03-30 14:18
鬼の姿 (芦雪)
at 2016-06-16 21:02
ねこがきます??
at 2016-06-08 12:00
良寛の書 「・・兔角・・」
at 2016-05-22 19:26
良寛の書 「・・夜雨・・」
at 2016-05-22 18:30
良寛の書 「・・兄弟・・」
at 2016-05-22 15:00
カントウタンポポ みつけ・・
at 2016-04-20 20:57
ひニャ祭り
at 2016-03-03 21:46

記事ランキング

タグ

(34)
(21)
(19)
(14)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

ブログジャンル

カテゴリ

東洋蘭
にゃんこ
アート・コレクション
その他

検索

メモ帳

ライフログ

画像転用禁止