フォント

<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

江戸の餅つき・・(北斎)

餅つきの図 「前北斎為一筆」(絹本 肉筆画)  15009 49.7x40.6 
e0259194_042332.jpg
前北斎為一(まえほくさいいいつ)と言う名は、葛飾北斎(1760~1849年)の60代始めから70代半ばに使われていた画号なので、真筆ならば今から二百年近く前の肉筆浮世絵ということになりそうです。
(その頃既に「北斎」と言う号は、弟子に譲ってしまっていたので、「北斎だったが、今は為一」と言う、いい加減な理由で命名し、使われていた画号 / 時代が経ち過ぎたので、たとへ真筆であっても、厳密な意味で、その事を証明をする手段は、もうありません:古い物の宿命)

餅の絡んだ杵を力の限りに振り上げ、極まった瞬間らしく、その周りの3人の仕種や表情も、実に活き活きと描かれています。多くの木版画絵本で人気挿絵師として好評を博した北斎らしい画力と構成力(※1)を感じます。

江戸庶民の風俗が画題なのですが、各登場人物(餅つき職人)を連携させる様な構図がバランス良く組み立てられ、全体として躍動感と見応えを感じます。


他の北斎の画でも、雰囲気や存在感を強調する為に重要な役処には、非常に極端な体勢(無理な姿勢)をとらせる事があり、見ている側は楽しいのですが、「まさか、可能だろうか・・・」と感じつつも、知らず知らずに引き込まれていることがよくあります。

腰 折れそっ !!
e0259194_2102069.jpg

例えば、美人画で首を極端に前傾させるなど、人や動物の姿勢の誇張・風景画では遠近感や大きさや勾配などの誇張、 と絶妙で巧みに「誇張」を操ることが得意だったようです。
(やはり、天才・・・!)


(※1)
北斎が50代の頃に、描き貯めた下絵を基に編纂された万民向けの木版画絵手本誌の『北斎漫画』(十二編)の中に、下の様に似た画を見つけました。
(見開き頁左右の画「餅ハ餅屋」を結合して表示:下の木版画の原稿は、上の肉筆浮世絵よりも10年以上前に描かれたことになりそうなのですが、比べると進化の跡?が見られ・・・ 、設定や人物の数が幾分変わっています;北斎の性格ならば、未熟だった頃の似た画と全く同じ構成で描くことは、自在に発想出来るという自負やプライドからも、避けたかったのではないかと思われます)
e0259194_0303624.jpg











肉筆画の方では、歴史風俗記録画としての資料性は薄れているのかも知れませんが、描線や添景が洗練(無駄なく簡略化)され、楽しく滑稽な雰囲気はより強調されたよう・・
鑑賞者の視線が自然に誘導される先を辿ると、ループとなって循環させられる様な構成のトリックもある?(一つの画面なのに、人物毎に目で追って注視すると、自然に次の人物に視線が誘導され、コマの無いマンガや絵巻物の場面を見る様ですし、さらには餅をつくリズム感や声まで感じられる様で、楽しませてくれる画です) 

 笑顔が幸せそう・・・







[PR]
by Ru_p | 2015-06-15 00:08 | アート・コレクション | Comments(0)

だるまさんが・・ (北斎)

達磨図 北斎画   15003 28.1x19.8 紙本
e0259194_14545613.jpg

達磨は中国の禅宗の開祖とされていて、インド人の仏教僧でした。
現在まで残っているのは僅かですが、北斎は、その生涯に数多くの達磨図を、好んで描いていた様です。
(北斎は、妙見を始め様々な仏尊を信仰し、また描いてもていた様ですが、彼自身の仏門の宗派は不明らしいです)


北斎は、この様なヒゲ面でとぼけた雰囲気の顔(ちょっと顎を突き出す様なしぐさ)の人物を多く描いていました。
現存する自画像や肖像とは違う様ですが、実際の北斎自身の雰囲気(又は、その内面)がこんなだったのではないか(?)と想像してしまいます。人物画が描く人自身に似て来るのは自然な事なので、場合に依っては『眼瞼下垂』(まぶたが下がりがちになる症状)があった可能性も考えられます。また、寛いだ雰囲気の画に特にそれが多いので、画業で日頃頭部を前傾させる事が多かった彼には、首の凝りを癒すために、頭を後方に反らせて休憩する習慣があったのかも知れません。




線が雑に見えますので「席画」として描かれた物でしょうか・・・
(落款・印章から北斎五十代始め頃の制作かと思われます)











[PR]
by Ru_p | 2015-06-13 00:11 | アート・コレクション | Comments(0)

見性成仏・・・・ (白隠)

達磨図 白隠筆 14003 35.5x38.5 紙本
e0259194_13204075.jpg

これは白隠さんが禅の教えを説く為に描いた『禅画』なのだそうです。

画の中で、眼光鋭く「見性成佛」と唱えている達磨ですが、この言葉は「人の本性をしっかり見据えることで仏道を成就する」と言う意味らしいです。実際に達磨が使った言葉なのかどうかは不明らしいのですが、白隠さんはこの様な達磨図を生涯に数多く描き残し、画の中で一貫してこの(この字を含む「直指人心見性成佛」の)語を唱えていた様です。











[PR]
by Ru_p | 2015-06-12 19:53 | アート・コレクション | Comments(0)

三羽ガラス (芦雪)

柳に烏の図 「平安芦雪 写」 (長沢芦雪) 15007 44.7x121.5 紙本
e0259194_0113696.jpg


落款(印章が珍しい)の筆跡に幾らか乱れは感じられますが、いかにも芦雪(晩年近い)の描きそうな画に見えます。(真筆だとしても、もう誰も立証はできませんが、逆にその否定も難しいでしょう)
見ていて飽きず、何故か癒やされる好きな画です。


枝垂れ柳に三羽の烏(ハシボソガラス?)が留まっています。
一般に『三羽ガラス』は、特定の組織内で技量の優れたトップ3を指します。

この画の烏が人の「見立て」だとすれば、芦雪に関連する場合のそんな3人は、円山応挙門下の「応挙十哲」の内の誰かと言うことになるのかも知れませんね。
この画が描かれたと思われる当時の「応挙十哲」筆頭といえば、「長沢蘆雪・駒井源琦・山跡鶴嶺」(この内の山跡鶴嶺と応挙は西暦1795年には亡くなっています)だった様です。
その辺に関連して何らかの「もめ事」(権力争い?)が有ったのだとしても不思議な事ではありません。

そんな見立てで描かれた可能性を踏まえて見直すと(同門同士の画業の優劣は別として)、

      芦雪自身は、おそらく手前で別の方角を向いた・・・(?)












































[PR]
by Ru_p | 2015-06-12 12:51 | アート・コレクション | Comments(2)


妄想猫の起末具連記


by Ru_p

画像一覧

最新の記事

大文字焼き?(蘆雪)
at 2017-07-21 20:05
古今集の古筆(その2:素性法師)
at 2017-06-23 20:14
伝説の仙人 (芦雪の1)
at 2017-06-02 18:03
巣作り?
at 2017-05-31 07:25
旅の 常備品
at 2017-05-06 15:46
京都で タンポポ
at 2017-05-04 10:18
月にひとり (芦雪)
at 2017-04-16 19:38
さくらも散り
at 2017-04-14 19:51
タンポポ 健在
at 2017-03-30 14:18
鬼の姿 (芦雪)
at 2016-06-16 21:02
ねこがきます??
at 2016-06-08 12:00
良寛の書 「・・兔角・・」
at 2016-05-22 19:26
良寛の書 「・・夜雨・・」
at 2016-05-22 18:30
良寛の書 「・・兄弟・・」
at 2016-05-22 15:00
カントウタンポポ みつけ・・
at 2016-04-20 20:57
ひニャ祭り
at 2016-03-03 21:46
蛙・・・岩 (仙厓)
at 2016-02-21 15:35
仙厓の 福と福
at 2016-01-29 23:47
なんと 桜が・・・
at 2016-01-25 21:53
花の表情
at 2015-12-23 17:38

記事ランキング

タグ

(32)
(21)
(19)
(14)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

ブログジャンル

カテゴリ

東洋蘭
にゃんこ
アート・コレクション
その他

検索

メモ帳

ライフログ

画像転用禁止

画像一覧