フォント

<   2015年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

芦雪の写生画

この画の題材にされた「和しのぶ」 は、秋に紅葉し、冬に枯れ落ち、春には芽を吹く多年生で、着生のシダ植物です。
コケ玉やヘゴ等の塊に根を張らせ、屋敷の軒下に吊して風流に観賞することが、江戸時代のお屋敷で流行っていたようです。

『吊しのぶと雀の図』 長澤芦雪 筆 14016 23.5x126  紙本墨画淡彩
e0259194_2110147.jpg

画のタイトルとしては『吊しのぶと雀の図』と呼ばれるべきでしょうが、しのぶの根は大胆に省略された勢いのある筆遣いで描かれています。更にこの画を見て視線が自然に向かうのは、汚れと見まがいそうな細かな蜘蛛だと思います。拡大してみると、風になびく糸の先の蜘蛛の精緻な筆遣いと、肉眼の限界とも思える観察眼に気付き驚かされます。
(足の線の太さは毛筆の限界でしょう)
e0259194_18584698.jpg

ユーモアとサービス精神に溢れた芦雪は、見る人が驚嘆するであろう細密部分を、さりげなさそうに描くことで、内心密かに誇らしくも悦に入っていた様な気がしてなりません。

それにしても、よくぞここまで描けたもので・・・








[PR]
by Ru_p | 2015-01-17 07:56 | アート・コレクション | Comments(0)

蒹葭堂の画 (の5)

博物資料の写生としてでは無く、果実の造形的な面白さを墨で表現した画。

絵画は幼い頃から、黄檗(おうばく)僧・鶴亭(かくてい)、柳沢淇園(きえん)、池大雅を師としたので、この様に風情のある画も、難なく描いていました。しかし、必ずしも絵師として大成しなかった理由は、様々な才能に恵まれ、器用過ぎたからの様な気もします。文人の余技で満足してしまった様に感じます。

木村蒹葭堂筆 柘榴図 (墨画、落款;遜齋、印章;「世」「齋」) 13018 
e0259194_21574537.jpg




























[PR]
by Ru_p | 2015-01-16 20:22 | アート・コレクション | Comments(0)

蒹葭堂の写生画

江戸時代のスーパー日本人であった木村蒹葭堂が収集した標本では、貝殻や奇石が有名なのですが、生体は保存の技術がなかったので、当然残っていません。その代わりに下の様に精細な写生画が残っています。

木村蒹葭堂筆 ガマガエルとカマドウマの写生画(色調・レベル等画質調整済み)
e0259194_23505591.jpg


木村蒹葭堂筆 トウモロコシ・ゴマダラカミキリムシ・ジョロウグモ・コオロギの写生画
e0259194_23514990.jpg


木村蒹葭堂の落款印章 「世齋の印」(白い胡粉絵の具使用か?)
e0259194_23572623.jpg


真摯に対象と向き合い、丁寧に筆を重ねることで、種の分類が可能なほどの細密な写生を行なっています。情緒や風情は無いかも知れませんが、江戸時代の日本にも、科学者の眼を以て森羅万象を見られる人物がいたという証拠ですね。
[PR]
by Ru_p | 2015-01-15 23:52 | アート・コレクション | Comments(0)

どんな美女でも・・・

 美人訓  童元基筆   11003 絹本 41.5x116.5
e0259194_2032145.jpg
e0259194_20325083.jpg

作者は、清時代の中国浙江省の絵師で、名を童元基、字は虎方。立山と号て長崎に度々来舶していた日本通だったそうで、数え年77歳(1833年冬)の作なのだそうです。
日本で依頼されて描いた為か、面白い事に下唇を緑色に染める『笹色紅』(紅花の紅を重ねて塗ると緑色に見えるらしく、塗膜で光が干渉する為の構造色かな?)と呼ばれる江戸時代中期に流行した化粧法になっています。

中国の絵師が描いた支那美人図なのですが、前漢時代の武帝の夫人なのでしょうか?(それとも唐時代の楊貴妃のつもりなのでしょうか?)。
亡くなった人の姿が煙の中に現れる『反魂香』と呼ばれる伝説上の香を焚き、幽霊が現れた時の様子と似ています(上質の反魂香は死者が蘇るという言い伝えがあり)。反魂香は江戸時代の日本で、読本や、妖怪画集の『今昔百鬼拾遺』、人形浄瑠璃・歌舞伎の『傾城反魂香』などの題材としてよく取り上げられていたそうです。
また、一種の降霊具として、日本の幽霊図の多くで幽霊とセットで描かれているようです。

ところで、よく見ると、この幽霊の描写では、足が煙に隠れて描かれていません。
円山応挙で有名な「足の無い幽霊の図」ですが、実は、応挙誕生の60年以上前に描かれた“花山院きさきあらそひ”という浄瑠璃本の挿絵の藤壺の幽霊や、他にも“死霊解脱物語聞書”や近松門左衛門の“傾城反魂香”などの挿絵などに足無し幽霊が出てくるそうです(江戸初期に描かれた“山中常盤物語絵巻”には足のある常盤御前の幽霊が出てくるそうですが) 。
未確認なのですが、土佐光起(1617~1691土佐派) の足の無い幽霊の画を森徹山(1775~1841円山派)が少くとも元禄の頃に模写した作品も(福岡の民俗資料館に)あるそうです。

美女は幽霊となっても、画や演劇の題材として永遠に生き続ける様ですね。




参考図 06009
e0259194_15494947.jpg

[PR]
by Ru_p | 2015-01-02 08:35 | アート・コレクション | Comments(0)

模写美人図の背景

江戸時代頃の日本人にとって、先進国だった中国(支那〔しな〕・唐〔から〕・唐土〔もろこし〕などと呼ばれていた)の文化は大変な憧れだったようです。
絵画の分野でも渡来の画は非常に珍重され、盛んに模写が繰り返されました。中でも美人図は好まれて模写されていた様です。


『支那美人図』 池 雲英筆 06002 42.5x111 絹本
e0259194_8435781.jpg
上の画の作者池雲英は、幕末から明治にかけて活動した朝鮮の絵師で、日本・中国の事情に大変精通していた人物だったそうです。この画からは、中国美女のはずなのに、朝鮮の女性の雰囲気が感じられます。


『姑娘(くーにゃん)図』 作者不詳 (住吉派の絵師?)  10027 36.8x100 絹本
e0259194_8445887.jpg
かなり濃い存在感の女性ですが、どことなく好感が持てます。


この様に墨を磨り、香を焚き、お茶を飲み、お気に入りの場所で寛ぎながら、詩や絵を思案して優雅な時間を愉しむ高貴な美女の姿は、現代人が眺めても癒やされます。
(机の上の「文房四宝」は、定番のお洒落アイテム)

模写された人物画は殆どの場合、写した人毎の感性や解釈により表情が微妙に異なるようです。美人画でも不思議な事に、絵師の好みの女性像や、自身の顔などに近づいてしまう傾向があるようで、それが絵師毎の個性なのではないかと思います。

画題となる元画の構図を借りて、単なるコピーではない味わいや魅力を表すには、不可欠なアレンジだったのだと思われます。






















[PR]
by Ru_p | 2015-01-01 17:46 | アート・コレクション | Comments(0)


妄想猫の起末具連記


by Ru_p

画像一覧

最新の記事

大文字焼き?(蘆雪)
at 2017-07-21 20:05
古今集の古筆(その2:素性法師)
at 2017-06-23 20:14
伝説の仙人 (芦雪の1)
at 2017-06-02 18:03
巣作り?
at 2017-05-31 07:25
旅の 常備品
at 2017-05-06 15:46
京都で タンポポ
at 2017-05-04 10:18
月にひとり (芦雪)
at 2017-04-16 19:38
さくらも散り
at 2017-04-14 19:51
タンポポ 健在
at 2017-03-30 14:18
鬼の姿 (芦雪)
at 2016-06-16 21:02
ねこがきます??
at 2016-06-08 12:00
良寛の書 「・・兔角・・」
at 2016-05-22 19:26
良寛の書 「・・夜雨・・」
at 2016-05-22 18:30
良寛の書 「・・兄弟・・」
at 2016-05-22 15:00
カントウタンポポ みつけ・・
at 2016-04-20 20:57
ひニャ祭り
at 2016-03-03 21:46
蛙・・・岩 (仙厓)
at 2016-02-21 15:35
仙厓の 福と福
at 2016-01-29 23:47
なんと 桜が・・・
at 2016-01-25 21:53
花の表情
at 2015-12-23 17:38

記事ランキング

タグ

(32)
(21)
(19)
(14)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

ブログジャンル

カテゴリ

東洋蘭
にゃんこ
アート・コレクション
その他

検索

メモ帳

ライフログ

画像転用禁止

画像一覧