フォント

<   2012年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

芦雪の美人画

 「楊貴妃図」    06046   56X122
e0259194_1493514.jpg
天明2年に円山応挙が描いたとされる「楊貴妃図」とほぼ同じ構図・構成(芦雪の「楚蓮香図」や、「呉美人図」を左右反転した図とも似た構図)ですし、実に上品で美しい顔です。

一説に、芦雪は三度も師の応挙に破門されたことが有ったそうです。
いたずら好きだった芦雪が自分の描いた美人画を師の応挙が描いた手本とを差し替えてしまい、気付かなかった応挙が自身の与えた手本の方に自ら手直しを加えてしまったのだそうで、その後、芦雪が自分の描いた画の方を見せると、応挙から褒められたのだそうです。芦雪は得意になってその事を周囲に自慢したのだそうですが、後にそれが応挙の耳に入り破門されてしまった。

と言う逸話が有り、いかにも有りそうな話ですが真偽は不明です。(三度も破門されたのなら、三度も許されたと言う事なので、師に大変に可愛がられていたと言う事になりそうです)

応挙は、写生画は得意でしたが、美女の画は必ずしもそうとも言いきれなかった(表情豊かで魅力的な美人画の現存が意外に少ない)ような気がします。その面で芦雪の技量が幾らか勝っていたとしても必ずしも不思議ではない気がします。

世界三大美女のひとりとされ、誰もが目にしてみたいと思ったに違いない楊貴妃;本名は楊玉環、西暦745年26歳の時に、中国・唐の玄宗皇帝の妃となり、国を傾けるほどの美貌だったと伝わっています。そんな絶世の美女は写生の対象ではあり得なかった訳ですが、人や動物をとことん愛する才能に長けた芦雪ならばこそ、常に冷静な目だった応挙には見えない何かが見えていたのかもしれません。
当然師の手本から何かを写し取って完成させたと思われ、例の「破門」の原因となったその美人画を基に、この画が描かれた可能性も十分に・・・・・・・・そんな空想をするのも、夢の有る楽しみ方だと思います。

楊貴妃の後ろの樹が中国原産の海棠だとすると、時季的には数週間過ぎてしまった様ですが、春の心地良い空気が感じられる大好きな画です。





長沢芦雪 筆「楊貴妃図」(蘆雪写意)の顔部分
e0259194_17505936.jpg


※楊貴妃の体型は一説に、 身長164cm 体重69kg のポッチャリ系だったそうで、
「長恨歌」(白居易)には「雲鬢花顔金歩揺」とも形容されているそうです。












【参考1】 円山応挙 筆「楊貴妃図」(天明二年)
          (NHK「知るをたのしむ」放送画面より「個人蔵」)
e0259194_12442630.jpg


【参考2】 長沢芦雪 筆「呉美人図」(東京国立博物館より)

e0259194_1831236.jpg
e0259194_15484415.jpg




【参考3】 長澤蘆雪 筆「楚蓮香図」(「個人蔵」府中市美術館画集より)
e0259194_18532837.jpg






















[PR]
by Ru_p | 2012-05-31 16:24 | アート・コレクション | Comments(0)

案の定

心配した通りの・・・・
e0259194_1232498.jpg
e0259194_12341019.jpg
e0259194_12343532.jpg


不心得者の仕業で、波平さんの毛が抜き取られてしまった。
特別頑丈なステンレスワイヤーだったはずなのに、、、残念!
[PR]
by Ru_p | 2012-05-29 12:39 | その他 | Comments(0)

羽蝶蘭 咲いて

e0259194_1763668.jpg

「谷川系」と呼ばれる「白紫点」の花が咲き始めたのでデジカメで撮ってみました。
見た目では写真よりも赤味が強く紫に見えるのに、青っぽい点に写ってしまいました。ホワイトバランスの調整に問題があるらしいのですが、直せませんので、このまま・・・・
[PR]
by Ru_p | 2012-05-27 17:13 | 東洋蘭 | Comments(0)

芦雪の 『目』

魅力的な目の狐。     08016

e0259194_154613100.jpg
厳密には「白蔵主(はくぞうす)」と呼ばれる僧に化けた狐(法衣を纏い、体の前に杖をつく姿の狐)。
狂言では「釣狐」の題目で古くから演じられていたようです。

芦雪の「白蔵主」にはもっと人に近いバージョンで「幽霊・髑髏仔犬・白蔵主三幅対」と言う題の作品もあり、本や展示会でも紹介されていた様ですが、雰囲気は全く異なります。

芦雪が昔話を題材にした作品は他にも幾つかあるのですが、おそらくこの話もその時代ではトレンディーだったのでしょう。












長沢芦雪 筆、「白蔵主(はくぞうす)図」





簡潔な筆遣いながら、芦雪の技量の高さを示す大好きな作品の一つです。
e0259194_0565522.jpg

ただ、この画にはなぜ足が描かれていないのでしょうね・・・・?











長沢芦雪 筆「白蔵主の図」→
[PR]
by Ru_p | 2012-05-27 00:02 | アート・コレクション | Comments(0)

芦雪の鷺

   08039
e0259194_11125731.jpg

これは 長沢芦雪 筆「花鳥図屏風」として描かれた画の一部分ですが、目がアニメチックで可愛らしく描かれているので好きです。
いわゆる「カメラ目線」のポーズで、正面から描いても鳥の顔に見えることが面白いし、ヒョウキンな表情がいい。
伊藤若冲もこのような構図をためらいなく描いていましたが、写生や観察を積み重ねて初めて得られる自信の表れのような気がします。とは言っても表情と言うものは図らずも描く人の人柄が現れてしまうもので、他人が真似ようとしても難しく、その人固有に持ち合わせる「顔」に近付いて描けてしまうものだと思います。
だから私は、芦雪の描く顔、特に目の表情が好きなのかもしれません。















[PR]
by Ru_p | 2012-05-26 08:21 | アート・コレクション | Comments(0)

芦雪の動物 (雀)

「群雀と落穂の図」 長沢芦雪 筆    07038
e0259194_1138566.jpg


長沢蘆雪と言えば、大胆な構図と潔く思い切った延びのある描線が一つの特徴ですが、愛らしくひょうきんな顔の動物画も数多く描いてます。美術館展示や出版物でもしばしば取り上げられて来たようで、私はそれらの動物の目の優しい表情が特に好きです。

蘆雪は動物や子供が大好きな性格だったらしく、慈しみの情が伝わって来る作品を多く残しています。
ただ、中には酔って描いたとしか思へないような駄作(?)もあり、一概に良い評価だけを下しにくいですが、それらも含めて愛着を感じている大好きな絵師です。









雀たちの表情が実にすばらしく、自由自在な角度から捉え、雀の気持ちまで描写されている様です。様々な角度からの観察と写生の修練の成果なのでしょうがさすがです。
e0259194_11393298.jpg





雀(鳥)・犬・虎(ねこ)・牛には特に親しみを感じていたらしく、表情豊かな優品が多く残っているようです。












[PR]
by Ru_p | 2012-05-19 07:26 | アート・コレクション | Comments(0)

神鳴り?

昨日12時半過ぎの雷雨。
e0259194_77351.jpg
e0259194_775756.jpg

南方向2~3km地点に落ちたみたい。
(6~9秒後に雷鳴が聞こえたので)

初めて撮れた。
[PR]
by Ru_p | 2012-05-19 07:08 | その他 | Comments(0)


妄想猫の起末具連記


by Ru_p

最新の記事

『猫』 を躾ける人? (文晁)
at 2017-10-28 10:42
恋する・・・? (芦雪)
at 2017-10-14 00:08
憧れだった蕪村?(芦雪)
at 2017-10-01 06:41
江戸でもダンス(の2)
at 2017-09-26 00:06
大文字焼き?(蘆雪)
at 2017-07-21 20:05
古今集の古筆(その2:素性法師)
at 2017-06-23 20:14
伝説の仙人 (芦雪の1)
at 2017-06-02 18:03
巣作り?
at 2017-05-31 07:25
旅の 常備品
at 2017-05-06 15:46
京都で タンポポ
at 2017-05-04 10:18
月にひとり (芦雪)
at 2017-04-16 19:38
さくらも散り
at 2017-04-14 19:51
タンポポ 健在
at 2017-03-30 14:18
鬼の姿 (芦雪)
at 2016-06-16 21:02
ねこがきます??
at 2016-06-08 12:00
良寛の書 「・・兔角・・」
at 2016-05-22 19:26
良寛の書 「・・夜雨・・」
at 2016-05-22 18:30
良寛の書 「・・兄弟・・」
at 2016-05-22 15:00
カントウタンポポ みつけ・・
at 2016-04-20 20:57
ひニャ祭り
at 2016-03-03 21:46

記事ランキング

タグ

(34)
(21)
(19)
(14)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

ブログジャンル

カテゴリ

東洋蘭
にゃんこ
アート・コレクション
その他

検索

メモ帳

ライフログ

画像転用禁止