フォント

カテゴリ:東洋蘭( 31 )

最遅れでも開花

いわゆる「旬」を2ヶ月以上過ぎて傾頭した杭州寒蘭ですが、17日目でようやく開花(通常は2週間)。
まだ、舌が完全には降りきってませんし、色も寝ぼけた様です。
e0259194_7501474.jpg

咲いてくれただけで有り難いのですが・・・遅れるのも狂い咲きの一種なのでしょうか。 
[PR]
by Ru_p | 2013-02-11 07:57 | 東洋蘭 | Comments(0)

杭州寒蘭の遅咲

約2ヶ月遅れで 傾頭開始
e0259194_23442870.jpg

ツボミは上を向いて伸び始めますが、開花の二週間ほど前になると、横を向くように頭を倒します。

30年くらい前に この仲間の杭州寒蘭が日本に入って来た頃には、開花は11月初旬から12月下旬まで位でした。「正月に咲いていてくれれば嬉しいのだけれど・・・」と同好者と話した覚えがあります。
ところが、最近は平均でも約1~2カ月の遅れが出ています。

最近日本に入ったの杭州寒蘭の産地が20~30年前とは違っていることは想像できますが、昔の杭州寒蘭は、どうなってしまったのでしょうか?
と言う疑問が最近よく聞かれるようになりました。実際のところ、殆どが枯れて消えてしまった?!(のではないか、と言うのが正解なのかも知れません)

古い昔のタイプの杭州寒蘭は、非常にデリケートで殖えにくい性質でしたから・・・
[PR]
by Ru_p | 2013-01-25 23:59 | 東洋蘭 | Comments(0)

杭州寒蘭開花

この冬初となる杭州寒蘭が、開花しているのに気付きました。
先月傾頭を確認した株はまだ開いていませんでしたが、この無銘の青花(M-40)が追い越して咲いていました。
e0259194_1228264.jpg


e0259194_1931317.jpg

シーズンにだいぶ遅れてますが、嬉しいです。

それにしても、今年は遅・・
[PR]
by Ru_p | 2012-12-09 19:04 | 東洋蘭 | Comments(0)

杭州寒蘭の進捗

やっと 一輪だけ横を向き始めて来ました。
e0259194_12314580.jpg


後2週間くらい待たないと開き始めません。

ちなみに、先週開き始めた邱北蘭は
e0259194_12444058.jpg

毎年杭州寒蘭とほとんど同時期に開きます。
[PR]
by Ru_p | 2012-11-28 15:52 | 東洋蘭 | Comments(0)

邱北蘭開く

e0259194_12524471.jpg

e0259194_1311478.jpg

邱北寒蘭;別名紫秀蘭
先月30日にツボミの首を振るような変化(最下段画像)があったのですが、
18日目の今日、開き始めました。


(10月30日に撮影したツボミ)
e0259194_12541765.jpg


邱北には、残念ながら香りは有りませんが色・形が好きなのです。
[PR]
by Ru_p | 2012-11-17 13:01 | 東洋蘭 | Comments(0)

杭州の花芽も

杭州寒蘭でも見付けましたよ
e0259194_12411047.jpg


昔のタイプ(1980年代に日本に入ってきたもの)に似て細葉系で殖えにくそうですが、鮮やかな色のとても趣のある赤花で武夷山方面の産のようです。花芽にも多少はその雰囲気が感じられる様な気がしませんか?
[PR]
by Ru_p | 2012-10-13 12:49 | 東洋蘭 | Comments(2)

花芽進捗

今年の寒蘭の花芽は暑さが続いた影響で全体的に遅れていますが、
紫秀蘭(邱北寒蘭)で一鉢だけ早そうなのがありましたので
e0259194_1234662.jpg

[PR]
by Ru_p | 2012-10-12 19:44 | 東洋蘭 | Comments(0)

うちょうらん;遅咲

今朝咲いていたのは、うちょうらん遅咲系原種で名花の「雷鳥」です。
e0259194_12432725.jpg

最近は、交配できれいな花が安く出回っていますが、この「雷鳥」は何度交配に挑戦しても良い花が出来ませんでした。最近は持っている人も少なくなったのではないかと思います。
花数がもっと沢山あるときは咲き分けで白紫点(※白地中央に紫の斑点)も見られるはずなのですが、今年はピンク地のだけで白紫点は無理の様です。



※一般的に「純白花」と「白紫点」は花粉塊が黄色なのですが、この雷鳥(及びサツマチドリの一部)は花粉塊が灰色(遺伝的に優性な普通の花と同じ様な色)です。
[PR]
by Ru_p | 2012-06-15 12:48 | 東洋蘭 | Comments(0)

アワチドリ

安房千鳥(アワチドリ)やサツマチドリが開花しました。
e0259194_8112495.jpg

ウチョウラン属の地域性の変異種になるようですが、かわいいので好きな花です。
我が家ではウチョウランよりも二週間遅れだったようです。

右下のが安房チドリなのですが、これは残念ながら、交配されたもので、原種ではありません
(左後ろのはサツマチドリの原種ですが、一般的には交配されて選別された物の方がカワイイ)
安房千鳥・サツマチドリとウチョウランとの花の主な違いは側萼片(花の上側左右に延びた花弁に見える部分)が立たずに水平に近い事と、距(キョ:花の裏側にシッポの様に伸びた部分で花弁と同質)が短くて曲がりが少ない事が特徴です。
[PR]
by Ru_p | 2012-06-12 08:15 | 東洋蘭 | Comments(0)

羽蝶蘭 咲いて

e0259194_1763668.jpg

「谷川系」と呼ばれる「白紫点」の花が咲き始めたのでデジカメで撮ってみました。
見た目では写真よりも赤味が強く紫に見えるのに、青っぽい点に写ってしまいました。ホワイトバランスの調整に問題があるらしいのですが、直せませんので、このまま・・・・
[PR]
by Ru_p | 2012-05-27 17:13 | 東洋蘭 | Comments(0)


妄想猫の起末具連記


by Ru_p

画像一覧

最新の記事

古今集の古筆(その2:素性法師)
at 2017-06-23 20:14
伝説の仙人 (芦雪の1)
at 2017-06-02 18:03
巣作り?
at 2017-05-31 07:25
旅の 常備品
at 2017-05-06 15:46
京都で タンポポ
at 2017-05-04 10:18
月にひとり (芦雪)
at 2017-04-16 19:38
さくらも散り
at 2017-04-14 19:51
タンポポ 健在
at 2017-03-30 14:18
鬼の姿 (芦雪)
at 2016-06-16 21:02
ねこがきます??
at 2016-06-08 12:00
良寛の書 「・・兔角・・」
at 2016-05-22 19:26
良寛の書 「・・夜雨・・」
at 2016-05-22 18:30
良寛の書 「・・兄弟・・」
at 2016-05-22 15:00
カントウタンポポ みつけ・・
at 2016-04-20 20:57
ひニャ祭り
at 2016-03-03 21:46
蛙・・・岩 (仙厓)
at 2016-02-21 15:35
仙厓の 福と福
at 2016-01-29 23:47
なんと 桜が・・・
at 2016-01-25 21:53
花の表情
at 2015-12-23 17:38
ほぼ、咲き揃い
at 2015-12-06 20:41

記事ランキング

タグ

(31)
(21)
(19)
(14)
(13)
(12)
(12)
(11)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

ブログジャンル

カテゴリ

東洋蘭
にゃんこ
アート・コレクション
その他

検索

メモ帳

ライフログ

画像転用禁止

画像一覧