フォント

オウム も見てた芦雪

長沢芦雪筆 鸚鵡図 (紙本彩色)  15015  44.5x127
e0259194_1221251.jpg

一瞬、何が描かれているのか(?)と戸惑いそな構図ですが、じきに、とぼけた顔で、目の可愛いオウムが正面を向いて茅葺き屋根の上に留まっている様子の画だと分かります。(当時としては、珍しい南方から輸入された鳥)
屋根は上から見下ろす様な形なのですが、オウムと月は、下から見上げる様なので、幾分奇妙な位置関係に感じられます。
 
芦雪の描いた生き物の作品には、特徴の有る方向からだけでなく、あえて描き難い(特徴を捉え難い)方向から描いた画がしばしば見られます。
(この嘴の描き方、なんとなく見覚えもあり・・・けっこう好きです)
e0259194_11484899.jpg
    (目力!)   


ところで、芦雪は、ある事故が原因で片目の視力を失っていたとも言われています。
その事故とは、淀藩に仕えていた芦雪が、藩主稲葉公に独楽の芸を披露した際、放り上げた独楽を受け損ねて、片目に刺さってしまった、と言う事態だったそうです。

いつ頃の事なのか?どちら側の目だったのか?視力は全く失われたのか?などの詳しい事は判らないのですが、もしも、そんな事故が実際に起こったのならば、画の腕前でなく独楽の芸の披露だった訳ですので、若い頃の出来事なのだろうと思われます。(芦雪は29歳で既に「平安人物誌」に、画家として名が載っていた知名人)
かと言って、もっと若い十代から片目では、応挙門への入門も修行も出来なかったでしょうから、恐らくは二十代の終わり(天明初期)頃だったのではないかと思われます。

この事故が原因で、ある時期から両眼視が出来なくなったと仮定するならば、当然それ以後の画の作風に何らかの影響があったと考えられます。
(例えば、芦雪の「美人画」では、天明の始め頃とそれの後とでは作風が明らかに変わったとの評価があります)

片目で物を見た場合、側面の情報を気にせずに済む(空間全体を把握して、より良い視点のアングルを求めたいという無意識の衝動が抑えられる)のではないか(?)と考えられます。また、視野が狭くなる事に伴い、対象物が視界からはみ出る様な多少不自然な距離感をも容認出来てしまう可能性が考えられます。(それってもしや、あの奇抜な構図が生まれた理由に・・・?)

残った片方の目が、右脳が主導的に支配する左目だったのかどうかも判りませんが、奇抜な構図や奔放な筆遣いが特徴として現れた原因が、この失明事件と関連していたのか(?)と意識して、作品群を見直してみることで、納得も期待出来るし、新しい発見も有るのではないかと思います。

上の画は、落款の書体(草書に変える前の楷書の時期の)と、印章(「朱文氷形印」で外周に年代判別の指標となる欠けが見られないこと)から、寛政3年以前の作品と思われますが、

この頃には、もう既に・・・・











[PR]
by Ru_p | 2015-09-02 20:47 | アート・コレクション | Comments(0)


妄想猫の起末具連記


by Ru_p

画像一覧

最新の記事

大文字焼き?(蘆雪)
at 2017-07-21 20:05
古今集の古筆(その2:素性法師)
at 2017-06-23 20:14
伝説の仙人 (芦雪の1)
at 2017-06-02 18:03
巣作り?
at 2017-05-31 07:25
旅の 常備品
at 2017-05-06 15:46
京都で タンポポ
at 2017-05-04 10:18
月にひとり (芦雪)
at 2017-04-16 19:38
さくらも散り
at 2017-04-14 19:51
タンポポ 健在
at 2017-03-30 14:18
鬼の姿 (芦雪)
at 2016-06-16 21:02
ねこがきます??
at 2016-06-08 12:00
良寛の書 「・・兔角・・」
at 2016-05-22 19:26
良寛の書 「・・夜雨・・」
at 2016-05-22 18:30
良寛の書 「・・兄弟・・」
at 2016-05-22 15:00
カントウタンポポ みつけ・・
at 2016-04-20 20:57
ひニャ祭り
at 2016-03-03 21:46
蛙・・・岩 (仙厓)
at 2016-02-21 15:35
仙厓の 福と福
at 2016-01-29 23:47
なんと 桜が・・・
at 2016-01-25 21:53
花の表情
at 2015-12-23 17:38

記事ランキング

タグ

(32)
(21)
(19)
(14)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

ブログジャンル

カテゴリ

東洋蘭
にゃんこ
アート・コレクション
その他

検索

メモ帳

ライフログ

画像転用禁止

画像一覧