フォント

桂山の彫り駒

桂山作 淇洲書彫りの駒
e0259194_12561546.jpg

王将と玉将に彫られた銘
e0259194_12564640.jpg

これを彫った『桂山』(本名;水戸常丸;故人)は、山形県にいた将棋駒の彫り師でした。

e0259194_5405253.jpg


(今でも多くの根強いファンがいる人気の彫り師なのだそうです)

その昔(昭和の時代)、仕事の関係で山形県の天童付近に半年間近く滞在していた時、何気なく立ち寄った将棋駒専門店でこれを目にして、強く衝撃を受けました。
しかし、価格がとても高かった(当時の手取り数ヶ月分位)ので、とても買えるとは思っていませんでした。
以後は、もっと手頃な額で、気に入る駒が見付からないのか? と考え、他の将棋駒専門店をも頻繁に見て回る様になっていましたが、この駒ほどの癒やしを感じる駒には出会いませんでした。気が付くと、頻繁にこの駒のある店を訪れる様になり、店主とも親しい仲になっていました。
(魅力的な『桂山』の駒を、個人的に高く評価し、目の保養のつもりで立ち寄っていました)


私がそれほど気に入ったことは、何時しか店主とも親交の厚かった当の桂山氏の耳にも届き、気をよくしたご当人から、ある時に様々な情報を聞く機会が出来ました。
この駒の材料となった重くて美しい木材(最後まで教えてくれませんでしたし、否定されたのですが、紫檀に似ています)は大変に珍しく、また、とても固かったので、極めて正確な彫りの技術と、とてつもない集中力が必要だったのだそうです。同じ材質の駒は、入手できた材料の制約から、この世に二組しか存在せず、今後はもう彫る事はない、とのことでした(そのもう一組でこれの弟分に当たる設定の駒は、私が出会う数日前に、東京から来たお客さんが、気に入って、既に買ってしまった直ぐ後だったのだとか)。
桂山氏は、この材質の駒の為に、漆の耐久性試験で、自から煮たり揚げたりと様々な工夫を行ない、全く問題が無いことの納得を得ていたそうで、そんな話から、仕事に対しての強い責任感と熱い情熱を持った人柄が感じられました。

この淇洲彫りの駒は、仕上がりまでに大変な労力と情熱を掛けた品物だったので、彫り埋めでなく、更にランクの高い「盛り上げ」仕様(専門職への外注)にも、その気になれば出来たのだそうですが、敢えてしなかった様でした(私も、盛り上げという仕様は、彫りの良さが隠れてしまい、将棋を指す時にも、文字の漆の盛り上がった部分が盤面と摺れる様な不安を感じるので、個人的に好みではありません)。おそらく桂山氏は、彫り師として、拘って作った品の価値を理解してくれる人がいてくれて、嬉しかったことと思います。

山形滞在も終わりが迫った或る日、既にすっかり仲良くなっていた店主から「作者との相談で、この駒を破格で譲っても構わないことにした」との話がありました。結局、『桂山』の精と魂がこもったこの駒は、驚く様な超破格で手に入れる事が出来て、山形の好い想い出となりました。


私は嬉しくなり、その半月後にも、普通の(楽に彫った?)桂山作の彫り駒(水無瀬)も、実際に将棋を指す目的で、一組買い足しましたが、そちらは残念ながら通常相場位でしか売ってもらえませんでした。
e0259194_8404739.jpg
e0259194_631403.jpg



実は、私は将棋が弱いので、同レベルの相手に恵まれず、家では眺めるだけで、たったの数回しか使った事がありません。

 これでは、持ち腐れと言われても・・・



※将棋の駒は普通、予備の歩が1枚あり、合計41枚なのですが、桂山の場合には、予備の歩が2枚有るので合計42枚となるのが特徴なのだそうです。

 他の彫り師でも、ちょっと良い駒の場合には、そう言うことが有るらしいです。











[PR]
by Ru_p | 2014-07-03 08:48 | アート・コレクション | Comments(0)


妄想猫の起末具連記


by Ru_p

最新の記事

『猫』 を躾ける人? (文晁)
at 2017-10-28 10:42
恋する・・・? (芦雪)
at 2017-10-14 00:08
憧れだった蕪村?(芦雪)
at 2017-10-01 06:41
江戸でもダンス(の2)
at 2017-09-26 00:06
大文字焼き?(蘆雪)
at 2017-07-21 20:05
古今集の古筆(その2:素性法師)
at 2017-06-23 20:14
伝説の仙人 (芦雪の1)
at 2017-06-02 18:03
巣作り?
at 2017-05-31 07:25
旅の 常備品
at 2017-05-06 15:46
京都で タンポポ
at 2017-05-04 10:18
月にひとり (芦雪)
at 2017-04-16 19:38
さくらも散り
at 2017-04-14 19:51
タンポポ 健在
at 2017-03-30 14:18
鬼の姿 (芦雪)
at 2016-06-16 21:02
ねこがきます??
at 2016-06-08 12:00
良寛の書 「・・兔角・・」
at 2016-05-22 19:26
良寛の書 「・・夜雨・・」
at 2016-05-22 18:30
良寛の書 「・・兄弟・・」
at 2016-05-22 15:00
カントウタンポポ みつけ・・
at 2016-04-20 20:57
ひニャ祭り
at 2016-03-03 21:46

記事ランキング

タグ

(34)
(21)
(19)
(14)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

ブログジャンル

カテゴリ

東洋蘭
にゃんこ
アート・コレクション
その他

検索

メモ帳

ライフログ

画像転用禁止