フォント

蓮月の和歌(その2)

太田垣(大田垣?)蓮月さんの短冊です。07002-01
e0259194_11164857.jpg


あめのふりけるをり
 むくらたに やへはたのます 世の中を
  ひとへにかりの やととおもへは
          蓮月


現代語訳の例:葎だに 八重は頼まず 世の中を 一重(偏)に仮の宿と思えば


百人一首の「八重葎(やへむぐら) しげれる宿の さびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり
恵慶法師(47番) 『拾遺集』秋・140」を意識して作ったものと思います。

上の訳例ですと、季節は秋(夏?)なのでしょうか、(和歌の場合解釈が幾通りも出来るので)

これを見ても、蓮月尼さんの孤独で頑なな世界観をちょっぴり感じます。

例によって、すてきな字!





※葎(むぐら;ウグラ・モグラ)はアカネ科の雑草で、茎に刺が生えています。
 厳密には、「八重葎」と「葎」とは同一の科なれど別属らしいのです。
[PR]
by Ru_p | 2012-12-08 11:39 | アート・コレクション | Comments(0)


妄想猫の起末具連記


by Ru_p

最新の記事

恋する・・・? (芦雪)
at 2017-10-14 00:08
憧れだった蕪村?(芦雪)
at 2017-10-01 06:41
江戸でもダンス(の2)
at 2017-09-26 00:06
大文字焼き?(蘆雪)
at 2017-07-21 20:05
古今集の古筆(その2:素性法師)
at 2017-06-23 20:14
伝説の仙人 (芦雪の1)
at 2017-06-02 18:03
巣作り?
at 2017-05-31 07:25
旅の 常備品
at 2017-05-06 15:46
京都で タンポポ
at 2017-05-04 10:18
月にひとり (芦雪)
at 2017-04-16 19:38
さくらも散り
at 2017-04-14 19:51
タンポポ 健在
at 2017-03-30 14:18
鬼の姿 (芦雪)
at 2016-06-16 21:02
ねこがきます??
at 2016-06-08 12:00
良寛の書 「・・兔角・・」
at 2016-05-22 19:26
良寛の書 「・・夜雨・・」
at 2016-05-22 18:30
良寛の書 「・・兄弟・・」
at 2016-05-22 15:00
カントウタンポポ みつけ・・
at 2016-04-20 20:57
ひニャ祭り
at 2016-03-03 21:46
蛙・・・岩 (仙厓)
at 2016-02-21 15:35

記事ランキング

タグ

(34)
(22)
(19)
(14)
(13)
(12)
(11)
(10)
(10)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

ブログジャンル

カテゴリ

東洋蘭
にゃんこ
アート・コレクション
その他

検索

メモ帳

ライフログ

画像転用禁止